「骨盤底筋群」ってドコの部分?

01

骨盤は女性のカラダにとって重要な存在です。

「骨盤底筋群」という言葉を聞いたことはありますか?
鍛えると言ってもそれがどこの部分かわからないとイメージしにくいですよね。骨盤底筋群は、膀胱や子宮、直腸など骨盤の中にある内臓を下から支えていて、尿道や膣、そして肛門までを取り巻いている、体の深層部にあるインナーマッスルのひとつです。意外と知られていない筋肉ですが、女性のカラダの悩みに深く関わってくる大切な筋肉なんですよ。

 

「骨盤底筋群」の役割はとっても重要!

あまり知られていない骨盤底筋群ですが、その主な役割は女性にとってはとても重要な以下の3つになります。

1. 骨盤の中にある内臓を支える
2. 子宮環境を整える
3. 尿道や膣、肛門を引き締める

もし骨盤底筋群が衰えて(緩くなって)くると……
02

あなたのお悩みの原因はもしかすると骨盤底筋群が弱っているのかも……

・尿漏れ、頻尿
・たれ尻
・子宮下垂
・下腹ポッコリ
・便秘
・月経困難症
・骨盤痛

 
といった、女性のカラダに深刻なトラブルを引き起こしてしまうことに。ここに挙げた症状に、ひとつでも心当たりがある方は注意が必要ですよ。

反対に、骨盤底筋群がきちんと引き締まっていれば、血液やリンパの流れが良くなり、女性ホルモンのバランスが整います。女性特有の悩みである生理不順やPMSなどの改善にもつながると考えられています。

また、カラダの要である骨盤のまわりの筋肉を鍛えて引き締めることで、お腹や脚の筋肉も連動して鍛えられ、シェイプアップにとっても効果的!と、まさに良いことづくしなんです!


骨盤底筋群が衰え始める年齢

03

意識せず何気なく過ごしているのは要注意ですよ。

“私には関係ないわ”と思っていらっしゃるアナタ。
油断は禁物です! 実は、動きが意識しにくい骨盤底筋群は20代から衰えが始まっているのです。とくに、座り仕事が大半で猫背気味の方、ハイヒールを履く機会が多く、足指を使わず膝で歩くのが習慣になったりしている方などは、骨盤底筋群が弱体化している可能性が高いと思われます。

 
「まだまだ先の話」と考えている方も今から意識していないと、その衰えがやがては骨盤のゆがみ、体型の崩れ、そしてカラダの様々な不調や悩みの原因につながっていきます。

そこで、今回はカラダの内側にも外側にも効く、まさに一石二鳥!の骨盤底筋群を引締める骨盤エクササイズを紹介します。


動画で解説! たった1分でできる骨盤引き締めエクササイズ

 

今回のエクササイズはイスとフェイスタオルを用意してください。

04

骨盤をしっかり立てます。


1. イスに浅く座り丸めたタオルを両ひざではさみます。


 
05

下腹に力を入れて、姿勢良く。

2. 両手で肋骨を包むようにはさみます。

 
06

3つ同時が難しければ、まずは(2)と(3)だけでもOKです。

3. この状態から以下の3つの動作を同時に行い、5秒間制止します。
(1)両手で肋骨を持ち上げる
(2)タオルをはさんだ内ももに力を入れる
(3)息を吸い込む
5秒経過したら一気に力を抜きます。


 
これを5回1セットとし、1日2セット行ってください。

いかがでしたか?
普段、力を入れることのない部分に刺激を与えられた感じがしませんか?美しいカラダをつくるためには、日々のちょっとした努力や意識がとっても大切。カラダの中で骨盤底筋群が担う役割を理解し、きちんと引き締めるエクササイズを行うことでカラダの内側から美しく、そして外側もダブルで美しく変わっていけます。
将来のカラダのためにも、ぜひ日常生活に取り入れてみてくださいね!

▼おすすめの骨盤エクササイズはこちら

ポッコリお腹をへこませるには骨盤ストレッチが効く!
猫背を解消!1回30秒の骨盤ストレッチで美姿勢へ
美脚になろう!ひざ下O脚撃退の骨盤エクササイズ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。