くびれをつくるなら、 脂肪と筋肉のバランスをとる!

image

脂肪と筋肉のバランスが大切!

身体の中でも、わき腹などのお腹周りは、特に贅肉がつきやすい部位なんです。でもそれは、身心の機能を維持している大切な内臓を守り、保護するための生命の仕組みでもあります。

ですから、お腹周りの脂肪は少なければ良いというものではなく、脂肪と筋肉のバランスを維持することが大切です。 とは言いつつ、お腹周りにどんどん脂肪がついてしまうのは本当に困りますよね。

今回は、くびれをつくるために必要な腹斜筋や腹直筋、腹筋下部の筋肉を引き締めることができる、“腰周りをねじる” 骨盤ダイエットを指南しますね。筋肉をしっかり使いますが、エクササイズの方法は簡単なんですよ!早速今日からはじめましょう。

※骨盤ダイエットがはじめての方は、「骨盤ダイエット成功のポイント」をご覧ください。


たった1分! くびれ美人エクササイズ(1)

自宅で時間がある時に、1日2~3回行ってみましょう。何回かに分けて行うことで、腹筋への意識も高まり“姿勢” も改善できます。くびれ効果はバツグンです!

 

1

美しい姿勢を意識しましょう

1. 両脚を軽く広げ、姿勢よく立ちましょう。息を吸って準備。








 

2

バランスをしっかりとります!

2. 両手を広げながら、上体を左へねじり、左脚を膝まで持ち上げます。 この左ねじりを連続で3から5回行います。







 

1

姿勢を整えましょう

3. 呼吸を続けながら、最初のポジションへ戻ります。 姿勢を整え息を吸って準備。








 

3

ウエストを細くしてねじります!

4. 両手を広げながら、上体を右へねじり、右脚を膝まで持ち上げます。 同様に、右ねじりを連続で3から5回行います。両手はできる範囲で大きく広げます。

5. この左右のセットを3セットから5回セット行いましょう。 腹筋を使って姿勢を保ち、上手にバランスを取りながら行います。

 

⇒⇒ 次は、腹斜筋・腹直筋を意識してくびれ美人に!