痩せていても、姿勢が悪いとブスに見える!?

これまで3万人以上の女性の骨盤を見てきました。日々、下半身太りや体型にお悩みのある方に、激しい運動や過度の食事制限ではなく、日常のちょっとしたコツで体型を変化させるアドバイスを行っています。そんな私は、ダイエットとは体重を落とすだけではなく、理想のプロポーションを手に入れることだと考えています。

私自身も14年前12kgのダイエットに成功し、40歳になった今でもその時のプロポーションを維持しています。その秘訣を、日常生活の中で誰でも簡単にでき、継続しやすいエクササイズとして皆様にお伝えしたいと思います。


悪い生活習慣を自覚することからダイエットはスタート!

あなたは普段、どんな座り方をしていますか?下の項目をチェックしてみましょう。

    007

    脚を組んで、猫背になった姿勢。老けて見えませんか?

  1. 猫背になっている
  2. 脚を組んでいる
  3. 頬杖をついている
  4. パソコンの画面に顔が近づきすぎている
  5. 椅子に浅く座って背もたれに寄りかかる
  6. 左右どちらかに重心を置いて傾いている

 

これらはよくある悪い座り方で、すべて骨盤のゆがみを引き起こす可能性があるものです。座ると骨盤部分だけで体重を支えますから、悪い座り方は骨盤がゆがんだり傾いたりすることに直結します。

たとえば、3番、4番は、骨盤が前に倒れてしまう、前傾のゆがみの原因に。腰が反れて、出っ尻、お腹やお尻、太ももにお肉がたっぷりつきやすい体型につながります。
5番は、骨盤が後ろに倒れてしまう、後傾のゆがみ。ぽっこり下腹、猫背、垂れ尻につながります。

では、次のページで、正しく美しい座り方をご紹介しましょう。