寝ながら代謝アップなら、“背骨” を伸ばす&ねじる

image

冬こそ柔らかい背中に!

ダイエットに良質な睡眠が必要なことは、皆さん既にご存知だと思います。でも、季節の変わり目でなかなか寝付けなかったり、飲み会などイベントが続くときは、睡眠不足が目立つときでもありますよね。

そんな時に、ぐっすり眠れて、しかも寝ている間の代謝がアップしたら、私たち女性にとって嬉しいこと間違いなし! 今回は、ぐっすり睡眠できて寝ている間の代謝をアップしてくれる骨盤ダイエットを紹介します。

背骨が柔らかいと、その周りの筋肉も弾力があり理想的な状態です。逆に、背骨が硬いと筋肉までこり固まり、血流が低下します。 積み木のように重なり合っている背骨は、伸ばしたりねじったりいろんな方向に動かすことで、その周りの筋肉までどんどん柔らかくなるんです。 寝ている間、背骨や背中が硬くならないよう早速ケアしていきましょう。

※骨盤ダイエットがはじめての方は、「骨盤ダイエット成功のポイント」をご覧ください。

寝る前の背骨伸ばしダイエット <伸ばす編>

自宅にあるフェイスタオルを使って、背骨と背中の筋肉をしっかり伸ばすエクササイズです。お腹がポッコリしないよう、腹筋も意識して行います。 夜寝る前に疲れがたまっている背中を思いっきり伸ばしましょう。
1600

タオルを使って背骨をしっかり伸ばします


 
1

 小さいタオルは使うのに向いてません


1. 背筋を伸ばしてあぐらになります。両手でタオルを持ち、そのタオルを後頭部へセット。 息を吸って準備。





 

2

 ヒジが伸びまで伸ばしてみてね!

2. 息を吐きながら両腕を斜め前方へ伸ばす。








 

1

 背中が丸くならないようガンバって!

3. 息を吸いながら、ヒジを曲げ胸を張りながらタオルを後頭部へ戻す。


4. 1と2の動きをゆっくり交互に8セット行いましょう。



 

>>次のページは、“姿勢もよくなる” 夜の背骨ねじりです!