簡単&豪華な冷製料理 牛たたき

所要時間:15分

カテゴリー:メインのおかずたたき

 

夏バテ対策にガッツリ肉を食べるなら!

豪華な見た目に反して、実はとても簡単に作れてしまう牛たたき。ちょっと贅沢をしたい日のメインのおかずはもちろん、おもてなしの一品にもぴったりです。夏バテ対策のスタミナ源になる牛肉も、暑い日は温かい料理だと重たい気がしますが、冷製にすればさっぱり美味しく食べられます。

つけ合わせの野菜やつけだれはお好みで洋風にするのも◎。レタスやキュウリ、クレソンなどに、手軽な市販のドレッシングなどをつけだれにしても美味しいです。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『牛たたき定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

簡単&豪華な冷製料理 牛たたきの材料(2人分

牛たたきの材料
牛肉 (もも・かたまり肉)200g
小さじ1
こしょう 少々
つけこみだれ
醤油 大さじ2
大さじ2
大さじ1
生姜 1片
ニンニク 1片
つけあわせ野菜
たまねぎ 1/2個
わかめ (乾燥)5g
かいわれ大根 1/4パック
つけだれ
醤油 適宜
生姜 (おろし)適宜
ニンニク (おろし)適宜

簡単&豪華な冷製料理 牛たたきの作り方・手順

牛たたきの作り方

1:焼く

焼く
牛塊肉に塩こしょうをします。焼き網をよく熱してから、牛肉を乗せ、強火で転がしながら、全体をまんべんなく焼きます。
焼き網を使えない場合は、フライパンでもOKです。サラダ油を敷いてよく熱し、表面を焼きます。

2:漬ける

漬ける
焼いている間に、生姜とにんにくを薄切りにし、つけこみだれの材料を全て合わせます。フリーザーバッグにいれ、焼き上がった肉の粗熱が取れたら、漬け込みます。 30分以上経てば食べられますが、半日以上置くと、しっかりと味がしみます。

3:つけ合わせ野菜を用意する

つけ合わせ野菜を用意する
玉ねぎを薄切りにし、貝割れ大根の根を落とします。ワカメは水につけて戻します。牛肉を薄く切り、野菜とともに盛りつけます。お好みで生姜醤油、ニンニク醤油につけて、お召し上がりください。

ガイドのワンポイントアドバイス

中心までしっかりと火を通す必要はありませんが、食中毒を避けるため、全体を何度か転がしながら、しっかりと表面を焼きましょう。また、生肉を扱った調理器具や手はしっかりと洗うようにしましょう。なお、所要時間に漬け込み時間は含まれていません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。