圧力鍋でわずか5分。鶏手羽元の塩麹煮

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかず煮込み

 

塩麹を使ったシンプルで優しい味つけ

一時期ブームとなった塩麹ですが、いまや定番の調味料となり、多くの料理で使われるようになりました。塩を使うよりも甘みのある味つけとなり、肉類を柔らかくする効果もあると言われています。塩麹は市販品も多くありますが、今回のレシピは『塩麹の作り方』を参考に作ったものを使っています。

その塩麹を鶏手羽元と揉みこみ、茹で卵と一緒に圧力鍋でわずか5分煮るだけ。ほろほろと柔らかく、甘みのある塩気が美味しい煮込み料理が完成します。加圧後は冷めるまでほったらかしにしておけばよく、温めなおせば美味しく食べられるので、作り置き料理としてもおすすめです。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『鶏手羽元の塩麹煮定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

鶏手羽元の塩麹煮の材料(2人分

鶏手羽元の塩麹煮の材料
鶏手羽元 6本
(ゆで卵)2個
塩麹 大さじ2
大さじ2
400ml

鶏手羽元の塩麹煮の作り方・手順

鶏手羽元の塩麹煮の作り方

1:塩麹煮に漬ける

塩麹煮に漬ける
鶏手羽元とゆで卵に塩麹を揉みこみます。

2:圧力鍋で煮る

圧力鍋で煮る
圧力鍋に塩麹をまぶした鶏手羽元とゆで卵、酒と水を入れ、火にかけます。加圧状態になってから5分加熱し、火を止めます。そのまま圧が下がるまで冷ましたら、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

鶏手羽元を塩麹煮揉みこんだあと、できれば30分~一晩程度漬けこんでおくと、柔らかく仕上がります。時間がないときはすぐに煮始めてもOKです。なお、所要時間は塩麹の漬けこみ時間を除きます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。