最高気温でもマイナスにしかならない日が続く寒い地域では、住宅の軒先につららができることがある。つららができる屋根は、雪が積もった屋根だ。なんらかの原因で屋根の雪が解け、それが夜のうちに凍ってつららになる。

つららのできる原因は…

寒い地域でみられるつらら。つららのできる原因は?

寒い地域でみられるつらら。つららのできる原因は?

屋根の雪を溶かす原因はいろいろ考えられる。まず一つ目は、昼間晴れて太陽の光で雪が解け出し、夜間に冷えてつららとなるもの。太陽の光をたくさん浴びる南向きの屋根に生じやすいという。屋根のこう配が緩いと、溶けだした水分が落下せずに残っており、じわじわと流れて冷やされ、それがつららになる。

また、何かしらの熱源が近くにある場合も屋根の雪が解けだしやすい。例えば屋根から薪ストーブの煙突が出ている場合、その周辺では煙突の熱で周りの雪が溶けやすくなる。同じく天井裏に空調ダクトなど熱源となるものがある場合も同じ。それらの周りで溶けた屋根の雪が、軒先から落ちてつららとなる。

つららと住まいの断熱の関係

もう一つ、住まいの断熱がしっかりできていないと軒先につららができやすくなるという。同じ家で同じ向きの屋根なのに、手前の軒先にはつららがついていて、奥の方はついていないということもある。

つららのついている部分は室内を暖房している部分で、その暖房の熱が逃げて屋根の雪を溶かしているそうだ。一方、暖房していない部屋の軒先にはつららがついていない。同じ家なのに室内暖房をしている部分としていない部分がつららの有無でわかってしまう。断熱がしっかりできている家ならそのような現象は起きず、室内の熱は逃げずにつららもできないそうだ。

さまざまな要因でつららはできる。でも、つららの有無でその家の断熱性もわかることがある。なるほど、面白いなと思った。

ちょうどよい湿度はどのくらい?

冬の時期、つららとともに気になることに室内の湿度がある。冬の洗濯物の室内干しの影響もあると思うが、室内の湿度が高いと冬には窓に結露がびっしりつく。結露をそのままにしておくとカビが発生してその周辺が黒ずんできて見た目も美しくないし、ダニの原因にもなる。

結露専用のワイパーや雑巾で拭きとろうと思うが、毎朝のこととなるとだいぶおっくうになる。湿度が高くてよいことといえば、インフルエンザのウィルスの活動が抑えられることくらいだろうか。一説では湿度を50%~60%にするとインフルエンザウィルスの生存率は下がるという。でも湿度が60%という数値は、そこで過ごすことを考えると、かなりじめっとした感じを受けると思う。

湿度60%とは、夜暖房を切って寝ると朝起きた時に窓ガラスに結露がびっしりついている程度だという。住まいにとってちょうどよい湿度とは、外気が0℃の時に40%くらいだそうで、そうすると結露はしない。これか50%になると結露が出てしまうそうだ。

湿度計がなくても湿度がわかる方法

温かいものを食べてもメガネは曇る。最も身近な湿度のバロメーターだ。

温かいものを食べてもメガネは曇る。最も身近な湿度のバロメーターだ。

この湿度が実際にどの程度あるのかどうかは温湿度計があればわかるが、体感だけで湿度がどのくらいか判定するのはなかなか難しい。しかし、すぐにわかる方法があるそうだ。それは「メガネ」だ。湿度60%を超える部屋に入るとメガネがくもるのですぐにわかるという。もしどなたかの家におじゃまして、メガネがくもればその家は湿度が高い家だとわかる。

だからどうなの?といわれるかもしれないが、これもとても面白いことだなぁと思った。雪国の暮らしのネタに、おひとついかがだろうか。

 

【関連記事】
~暮らしにまつわる住まいのコラム~
家族が集う場所をつくろう~大テーブルのススメ 
子どもの独立を妨げない子ども部屋 
母を孤独にさせないキッチン 
マンション暮らしと騒音 
東向きと南向きはどちらがいい? 

雪国の住まいのくふう マンション篇
 
雪国の住まいのくふう 家と庭木篇 
家族それぞれの居場所づくり 
子育てと和室
古くても居心地のよい空間  

トイレは家の品格を表す場所
 
憧れのウッドデッキ、気をつけたい点  
私が中古住宅を買ったその理由 
近居のススメ 
20畳リビング・ダイニングの使い方 

マイホームはお気に入りのファブリックで
  
造り付け家具・オーダーメイド家具の注意点 
中古住宅、心配な点はご近所が教えてくれた 
屋根付きの洗濯物干しスペースって便利 
ライフスタイルの変化と住み替え 

子育て期の照明器具選び
 
ご近所とのお付き合い(東京篇) 
洋服の捨て時 
2階リビングを採用する前に  
手作りロケットストーブと屋外クッキング 
雪国の暮らしと屋根の融雪 

Copyright(c)2014 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 All rights reserved.



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。