大活躍!虫除けアロマスプレーを作ろう

エッセンシャルオイル、無水エタノール、水のほか、大さじスプーン、お皿、スプレー容器

エッセンシャルオイル、無水エタノール、水のほか、大さじスプーン、お皿、スプレー容器

子どもたちはとにかく蚊にさされます。肌にトラブルある子もいるため、今回は服や持ち物にスプレーするタイプの虫除けスプレーを作ります。網戸などに振っても使用可能です。


■材料(50ml容器/2%濃度)
虫除け効果の期待できるエッセンシャルオイル
…今回はシトロネララベンダー各10滴
無水エタノール5ml
水(精製水や市販の飲用水)45ml

 


服に色がつかないかチェック!

色はついてるかな?どう?エッセンシャルオイルにもいろんな色があるんだよ

色はついてるかな?どう?エッセンシャルオイルにもいろんな色があるんだよ

服や持ち物につけるため色がついていないエッセンシャルオイルを選びましょう。ということでまずは色をチェックします。

少し見えにくいですが、いずれも色はとても薄いですね。ということで採用です。画像にあるとおり今回は、シトロネラ、ラベンダーを採用。
※レモンは比較のためにやってみました。虫除け効果はあまり期待できません。

 


ちゃんと計量します

無水エタノールは小さなサイズだと作業しやすいでしょう

無水エタノールは小さなサイズだと作業しやすいでしょう

まず、無水エタノールを計量して、スプレー容器に入れます。

エタノールは、肌につくとすーっとして、人によっては少し刺激になることもあるため、低学年の子の場合などは大人が入れてあげてもいいでしょう。

もし手についたら、すぐに水で洗い流すように伝えます。こぼれやすいため、下に受け皿を置いてあげると安心です。


エッセンシャルオイルの登場

息も止めて集中

息も止めて集中

無水エタノールに、エッセンシャルオイルを1滴ずつ垂らします。

これが結構難しいのです。ものすごく集中しますよ!1滴入れようとして、だーっと数滴出てしまうことがあります。そうなると……失敗です(笑)。

今回は上手に入れてくれましたが、もし多く入ってしまったら、不採用にして滴数がわかれば、水などを計算して増して作り直します。何滴入ったかわからない場合は、スポイトなどで計量してほかの方法で活用してください。

スプレー容器は、しっかり反対側の手で押さえて入れましょう。おとなでも倒す人がいるので要注意。


水を入れて完成!

水を加えますが市販の飲用水でOK

水を加えますが市販の飲用水でOK

水を計量して入れます。ふたを付けてよく振れば出来上がり。

さっそくスプレー……し過ぎです(笑)
子どもは何度もスプレーしちゃうので、目に入ったり、ふざけて人に向けてスプレーしないよう、注意してくださいね。

 

虫除けスプレー使用時の注意点

  • スプレーするときに容器をまっすぐに立ててスプレーするように教えましょう。逆さにした状態ではうまくスプレーできません。
  • 気持ちが急いて、ふたの閉め方が甘い場合があります。きっちりとふたをしてから、スプレーしないと漏れ出て手につくことがあります。
  • スプレーする前はよく振りましょう。
  • 日の当たらない比較的涼しいところに置いて、1週間~2週間以内に使い切りましょう。