目の疲れをアロマで撃退! 5つの方法

目の疲れをアロマで撃退

パソコンを使っているとアッという間に時間がたって、気が付くと目がショボショボ……

現代病と言っていいのでは?……そう「目の疲れ」。仕事をしている人なら、いえ、勉強してる学生さんやゲームを楽しむ小さな子どもまで、いまや多くの人が抱える不調ではないでしょうか。

アロマの授業などで生徒さんに「肩こりある人?」って聞くと、ほぼ100%の女性が手を挙げますが、同じぐらいの数、目の疲れ人口が増えていると思います。

スマートフォンが普及してからはなおさら、疲れ目が急増してるに違いありません。かくいう私も、ほぼ毎日、1日8時間ほどパソコンを使っています。そしてパソコンがない場所でも、スマートフォンをついつい……。

そしてあっという間に時間が経っていて、気が付けば目がくたくたになってる始末です。

これは美容にも悪いぞ!

ってことで、そんな私も実践してて効果を感じた、アロマを使ったお手軽「疲れ目撃退法」をご提案します。疲れ目を解消して、美しく元気な目元を取り戻しましょう!
   

疲れ目とはどのようなレベル?

吐き気、ひどい肩こり、めまいなどの症状は危険信号です

吐き気、ひどい肩こり、めまいなどの症状は危険信号です

疲れ目にみられる不調や不快症状
  • 目がしょぼしょぼする
  • 目が重たい感じがする
  • 少しかすむ
  • 目の奥が少し痛い
  • 目がごろごろして異物感を感じる
  • まぶたが重い  など

さて1日睡眠をしっかりとっても、目の疲れがとれていなくて、あわせて次のような症状はありませんか?
 
  • ひどい肩こり
  • 頭痛や片頭痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • ひどい倦怠感
  • 目の周囲の筋肉がぴくぴく痙攣する
  • 充血している など

睡眠で目をしっかり休めたはずなのに回復せず、かなりひどい症状が残る場合は、疲れ目レベルではなく「眼精疲労」と呼ぶようです。このレベルまでいくと悪化して、視力の低下や目の病気などのリスクも高まります。その場合は医師の診断を受けましょう。
 

疲れ目を癒すアロマ1:常温または冷湿布

フローラルウォーターは50~100ml単位で売っています。1000円~2000円ぐらい

フローラルウォーターは50~100ml単位で売っています。1000円~2000円ぐらい

冷たい湿布と香り効果でリフレッシュし、疲労回復を狙う方法です。

使うものは、自分の好きな香りのフローラルウォーター。おすすめはペパーミントウォーターやラベンダーウォーター。常温のフローラルウォーターでも体温よりは低いので、冷涼感はあります。

ただ、暑い季節なら冷蔵庫に保管しておくともっと冷たくて、爽快感が楽しめ気持ちいい!

■実践方法
  1. 100円ショップなどで購入した清潔なスプレー容器にフローラルウォーターを移し替えます。
  2. コットンに2~3スプレー。あまり湿らせ過ぎると目の中に入ってしまいます。
  3. 目を閉じたまぶたの上に湿らせたコットンを乗せて、そのままクールダウン。
5分ほど行いましょう。
 

疲れ目を癒すアロマ2:温湿布

遠くを見る、グリーンに目を落とす。対処法はいろいろだけど、良い香りがあればさらにリラックスできます!

遠くを見る、グリーンに目を落とす。対処法はいろいろだけど、良い香りがあればさらにリラックスできます!

あったか~い香りのタオルでまぶたを温めて、血行を良くして疲労物質の排出を助けたり、疲労感を軽減する方法です。

■実践方法
 
  1. 洗面器にお湯を入れてエッセンシャルオイルを1滴垂らし、ミニタオルを入れて絞ります。
  2. そのまま閉じたまぶたの上に乗せてリラックス。
  3. 5分ほど行います。冷えてきたら、またタオルを温かいお湯で絞ってください。

濡らしてよく絞ったタオルを電子レンジにかけ蒸しタオルを作るのも手軽です。その場合は電子レンジにかけたあとで、エッセンシャルオイルを1滴タオルに垂らします。

ただし、エッセンシャルオイルが直接肌につかないようにしてください。エッセンシャルオイルがついている部分は、中の方になるよう、くるくるとタオルを巻きこみましょう。まぶたの皮膚は薄く、エッセンシャルオイルによっては粘膜を刺激することがあります。

■おすすめのエッセンシャルオイル
いずれも肌への刺激の少ないものです。  

疲れ目を癒すアロマ3:オイルを塗りこむ

キャリアオイルと呼ばれる植物油はオイルなので少しべたつきます。仕事中などは少な目に塗ること。そして髪の毛や服などに付着しないようにしてください

キャリアオイルと呼ばれる植物油はオイルなので少しべたつきます。仕事中などは少な目に塗ること。そして髪の毛や服などに付着しないようにしてください

軽い頭痛、倦怠感が感じられるときは局所的にオイルを塗りこみます。お肌からアロマオイルが浸透して効果を発揮します。

■実践方法
オイルを作ります。
キャリアオイル(ホホバオイルやスィートアーモンドオイルなど)大さじ1杯に、エッセンシャルオイルを1滴入れて、よくかき混ぜればOK!

出来上がったオイルをこめかみに塗りこむだけ。

軽くマッサージしながら塗りこむと、気持ちもいいし、吸収も良くなります。小さな円を描くように手を動かしてみてください。

余ったオイルは頭、肩や首に塗っておくとさらに気持ちがいいですよ。

■おすすめのエッセンシャルオイル  

疲れ目を癒すアロマ4:まぶたに温かいシャワーをあてる!

熱めのお湯で、気分もリフレッシュ!

熱めのお湯で、気分もリフレッシュ!

マッサージ効果と温熱効果をあわせたのがこの方法。それにとっても手軽なんです!

シャワーを目を閉じたまぶたに当てるだけ。あまりやりすぎないよう、気持ちがいい程度でやめてくださいね。

このときバスタブにエッセンシャルオイルを1~3滴落としておけばバスルームに香りが広がり、リラックスできます!あとはよくかき混ぜてバスタブにも浸かって、全身リラックス。

■おすすめのエッセンシャルオイル  

疲れ目を癒すアロマ5:睡眠の質を良くして目の疲れ回復を早める

アロマの香りが心地よい眠りと疲労回復をもたらしてくれますよ

アロマの香りが心地よい眠りと疲労回復をもたらしてくれますよ


一日の締めくくりは、ベッドルームでリラックスタイムを。睡眠は疲労回復の基本です。しっかり睡眠をとって、なるべく疲れを残さず、リカバリー能力をあげたいもの。

睡眠時は当たり前ですが、目を閉じています。この視覚情報が溢れる世の中で、唯一、長時間、視力を使わない時間。睡眠の質を高め、目の疲労回復力をつけましょう!


■実践方法
アロマライトで部屋に香りを広げます。ない場合はコットンに1滴落として枕元に置くだけでもいいですね!

■おすすめのエッセンシャルオイル
  • スィートマージョラム…安眠効果など
  • サンダルウッド…神経鎮静作用、呼吸を深くする作用など
  • イランイラン…鎮静作用など
自分に合った方法を実践なさってみてください!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。