ユーカリの種類いろいろ

オーストラリアの恵みユーカリ。薬効は長い歴史の中で知られています!

オーストラリアの恵みユーカリ。薬効は長い歴史の中で知られています!

ユーカリ(フトモモ科・常緑の高木)といえばコアラで有名! もともと日本に生息しない樹木なのにすっかりおなじみです。アロマテラピーでもユーカリはメジャーなオイルのひとつ。花粉症や風邪の予防などに活用されます。

実はユーカリは何百という種類がある樹木です。エッセンシャルオイル(アロマオイル)も専門店などでは2~5種類ほど、売ってることもあります。いずれも葉を水蒸気蒸留してオイルをとりますが(こちらの過去記事を基礎知識として参照してください)、それぞれ香りなどに個性がありますよ。

今回はアロマテラピーで実用化されている、いくつかのオイルを比較してご紹介します。


もっともメジャーなオイル「ユーカリ・グロブルス種」

ユーカリプタス・グロブルス。もっとも基本となるオイルです。

ユーカリプタス・グロブルス。もっとも基本となるオイルです。

■学名:Eucalyptus globulus
■香り 
のどにしみとおるような刺激臭があります。すっきりとクリアであとに残らない軽めの香り。
■おもな特徴
ユーカリオイルの中でもっともメジャー。ブルーガムユーカリとも呼ばれ、1,8-シネオール(オキサイド類)を約70~80%ほど含みます。これは多いということです。精油成分のなかで50%を超えたものは、主要な成分と考えていいでしょう。次いでピネン類を10~15%ほど含みます。

1,8-シネオールはユーカリプトールとも呼ばれるほど、ユーカリらしい成分。これが多いか少ないかで個性が理解できます。


ややソフトなユーカリ「ユーカリ・ラディアータ種」

ユーカリプタス・ラディアータ。やわらかいウッディ調。

ユーカリプタス・ラディアータ。やわらかいウッディ調。

■学名:Eucalyptus radiata
■香り 
すっきりと、のどにしみとおるような香りですが、グロブルス種よりはやや穏やかな印象。
■おもな特徴
1,8-シネオールが55~70%ほど。次いで多いのがα-ピネン15~20%です。そのためグロブルス種より、刺激的な香りが抑えられ、ウッディ調を強く感じます。ユーカリらしさがありながらも、ややソフトなオイルなので、グロブルス種がきついと思われる方はこちらが使いやすいかもしれません。


レモンの香りがする「ユーカリ・キトリオドラ種」

ユーカリプタス・キトリオドラ。レモンの香りがするユーカリ。

ユーカリプタス・キトリオドラ。レモンの香りがするユーカリ。

■学名:Eucalyptus citriodora
■香り 
ユーカリのウッディ調と柑橘系をミックスしたような印象。
■おもな特徴
レモンユーカリという別名をもちます。レモンのような香りをもつシトロネラール50~80%ほど含むため、すっきりとした香りの中にレモンのようなフルーティな印象を持ちます。そのため薬草のような個性がやや弱められています。さらにレモンレモングラスなどとブレンドして、柑橘系のニュアンスを強めてブレンドするのが私はおすすめです!


もっともフルーティなユーカリ「ユーカリ・スタイゲリアナ種」

ユーカリプタス・スタイゲリアナは身近なオイルではないものの香りはビギナーにもおすすめ!

ユーカリプタス・スタイゲリアナは身近なオイルではないものの香りはビギナーにもおすすめ!

■学名:Eucalyptus staigeriana
■香り 
レモンユーカリにほんの少しフルーティさをプラスした印象。
■おもな特徴
ユーカリ独特のツンとした香りの源泉となっている1,8シネオールが10%以下。さらに柑橘系の主要成分であるリモネンを含みます。そのためユーカリのなかでは、もっともフルーティな感じを持つオイルです。刺激も少ないため、家族が集まるリビングや来客時にユーカリで空気清浄したいときにいいかもしれませんね。


わずかにミントのニュアンスが感じられる「ユーカリ・ケモタイプ ペパーミント」

ケモタイプは商品になっているものはそんなにはありません。ぺパーミントの香りがするユーカリは、ハーブ調が心地よく香ります。

ケモタイプは商品になっているものはそんなにはありません。ぺパーミントの香りがするユーカリは、ハーブ調が心地よく香ります。

■学名:Eucalyptus dives ct piperitone
■香り 
ツンとした刺激臭がやや抑えられ、ほんのりクールなミント系が漂う香り。
■おもな特徴
こちらはユーカリのケモタイプです。ケモタイプとはもともと同じ学名(ということは同じ種類)の植物ですが自然環境(雨量、日照時間、土壌など)の影響を受けて成分の一部がもともとのタイプと異なるものをいいます。少しハーブやグリーンなニュアンスが入るため、ハーブ系の香りが好きな方にオススメですよ。


ユーカリオイルの活用法

バリエーション豊かなユーカリオイル。魅力を存分に味わってください!

バリエーション豊かなユーカリオイル。魅力を存分に味わってください!

ディフューザーやアロマライトでお部屋に香りを広げて空気を清浄に保ちましょう。風邪の季節には抗菌効果や痰を切る効果が役立ちます。たばこ、ペットなどお客様が来られる前のデオドラントにも活用できます。キャリアオイルに混ぜて肩こりや腰痛のときのマッサージにも適しています!


  • 注意事項
特にユーカリ・グロブルス種など1,8-シネオールが多いものは、皮膚への刺激を示すことがあります。お風呂に直接、原液を落としたり、マスクに直接、オイルを落とすのは控えましょう。

いかがでしたか? いろんな種類があるユーカリ。とても楽しいですよね! 1種類だけもいいですが、アロマの上級者になった気分で使い分けてみましょう。

※なお、含まれる成分はメーカー(産地)によっても異なります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。