マスクを快適にする! 練り香のアレンジ方法と使い方

みつろうと植物油を溶かして固めるバーム状のクリームがベースの練り香

みつろうと植物油を溶かして固めるバーム状のクリームがベースの練り香

では次に、「ギフトに嬉しい! オリジナル練り香の作り方」の記事で紹介した「練り香」をアレンジしたマスクをアロマで快適にする方法をお伝えします。

練り香のベースは、みつろうで作るバーム状のクリームです。このバーム状のクリームは、精油を直接塗布するよりもゆっくりと肌に浸透する特徴があるので肌を保護する働きもあることから、精油のレシピを変えることで様々な目的に使用できる優れものアイテムです。

例えば、ネイル用の精油レシピで作ればネイルクリームになり指先の保護に役立ちます。冬のあかぎれや手荒れ用に精油のレシピをアレンジすれば、ちょっとした手荒れクリームの部分ケアとしても重宝し、鼻づまりや咳に役立つ精油レシピでアレンジすれば、胸に擦りこむ塗り薬のようなクリームとしても使用できます。

これらと同様に精油のレシピをマスク用にアレンジすることで、マスクの不快感を解決するサポートとなるでしょう。

使い方は、鼻の周りに塗るだけです。特に花粉症の季節は鼻をかみ過ぎて赤くなったり擦り切れたりした肌を保護するサポートにもなります。また、ゆっくりと肌に浸透する特徴から香りを長く楽しめます。鼻の周りで精油が存在してくれる点からも、精油の予防効果の影響も長く受けることができます。

ガイドとしてはこれを塗布してマスクをすると、肌の乾燥を防ぐことが出来てしっとりするので、美肌効果に一役買っているのでは? と思っています。


インフルエンザ予防にも花粉症の不快感にも役立つ精油のレシピ

では、これらを活用するのに欠かせない精油のレシピを紹介します。今回は「アロマスプレーの活用について」と「練り香をアレンジしたアロマバームの活用について」の2通りで説明をしています。2通りとも持ち運びに便利な抗菌アロマジェルの作り方の精油レシピを基本にしてアレンジ方法を紹介していますので参照ください。

■アロマスプレーの活用について
容量が同じなので、抗菌アロマジェルの精油レシピと同様の滴数で同じ濃度として代用できます。

ただし、マスクでの使用において「柑橘系の精油」はおすすめできません。柑橘系の精油は色があり、マスクをまだらにシミにします。また顔に精油が触れた場合、日焼けにおけるシミの原因にもなりかねないので注意が必要です。

そこでガイドは抗菌アロマジェルの精油レシピにおいて紹介した「レモン」を「ユーカリ」に変更してアレンジする方法をおすすめします。

持ち運びに便利な抗菌アロマジェルの作り方よりレシピ抜粋
<レシピ例 1> 3%濃度 全30滴(2%濃度 全20滴、1%濃度 全10滴)
・ラベンダー    10滴
・ティートリー    10滴
・ペパーミント   10滴
※大量の使用については注意する必要がある精油なので、3%濃度の場合、10滴以上の配合は注意しましょう

<レシピ例 2> 3%濃度 全30滴(2%濃度 全20滴、1%濃度 全10滴)
・ローズウッド   10滴
・ラヴィンサラ   10滴
・※マスクではレモン→ユーカリに変更する  10滴 

練り香をアレンジしたアロマバームの活用について
練り香は「香り目的」なので5%濃度の精油の滴数で紹介しています。マスクを快適にする上で適しているのは1%~3%濃度の範囲だと考えます。鼻の周りに塗布するので、肌がデリケートな方は1%濃度くらいで試してください。

【練り香をアレンジした精油の濃度】
・3%濃度 → 精油6滴の場合
<レシピ例1>
ラベンダー、ティートリー、ペパーミント 各2滴ずつ

<レシピ例2>
ローズウッド、ラヴィンサラ、ユーカリ 各2滴ずつ

・2%濃度 → 精油4滴
<レシピ例1>
ラベンダー、ティートリー、ペパーミント 各1滴ずつ=合計3滴
これらに追加して、
・インフルエンザ予防を意識した場合 + ティートリー 1滴=合計4滴
・鼻づまりや花粉症を意識した場合  + ペパーミント 1滴=合計4滴

<レシピ例2>
ローズウッド、ラヴィンサラ、ユーカリ 各1滴ずつ=合計3滴
これらに追加して、
・インフルエンザ予防を意識した場合 + ラヴィンサラ 1滴=合計4滴
・鼻づまりや花粉症を意識した場合  + ユーカリ    1滴=合計4滴

・1%濃度 → 精油2滴
<レシピ例1><レシピ例2>中から、目的に応じた精油を2滴

それぞれの精油の効果効能については、「感染症予防に役立つ精油の効果効能について」の記事を参照ください。ユーカリ以外の5本の精油の効果効能をまとめて列記しています。

つらい花粉症などの鼻づまりに特に役立つのはペパーミントとユーカリです。抗菌アロマジェルは手に塗るものなので抗菌アロマジェルの記事ではユーカリをレシピに加えていませんでしたが、鼻づまりがつらい方はユーカリを代用すると役立つレシピになるでしょう。

これからの長いマスク活用の季節。 精油を上手に活用し、マスクも快適でインフルエンザの予防も花粉症も快適に過ごしましょう!

>次のページでは「ユーカリの効果について」を紹介します