ひな祭りのミニお寿司

カテゴリー:ご飯・麺・粉物お寿司

 

華やいだ桃の節句のミニお寿司

3月3日は桃の節句。気のあうお友達と大人のおひな祭りです。薄焼き卵で巻いたツナサラダ巻きと梅納豆巻き。三色のミニ押し寿司は、菜の花のからし和えと甘辛い鮭そぼろと炒り卵。華やいだ桃の節句にこんなひな祭りランチはいかがでしょうか。

ひな祭りのミニお寿司の材料(4人分

寿司飯
2カップ
昆布 だし昆布5cm角1枚
米酢 50cc
砂糖 大さじ1
小さじ1
ツナサラダ巻き・梅納豆巻き
ツナの缶詰 1缶
きゅうり 1本
レタス 2枚
マヨネーズ 大さじ1
納豆 1パック
梅干 (練り梅)大さじ1
ねぎ (刻みねぎ)大さじ1
海苔 1枚
三色のミニ押し寿司
2切れ
大さじ1
砂糖 大さじ1
薄口醤油 小さじ1
菜の花 100g
からし 小さじ1
みりん 小さじ1
炒り卵
2個
みりん 少々
小さじ2

ひな祭りのミニお寿司の作り方・手順

寿司飯の作り方

1:

お米は洗って水気を切り、米と同量の水とだし昆布(5cm)を加えておきます。30分以上おいてだし昆布を取り出し、普通のご飯のように炊き上げます。

炊きあがったご飯は少し蒸らしてから飯台(すしおけ)にあけ合わせ酢をふりかけ、うちわであおぎながらしゃもじを使ってご飯を切るように混ぜ合わせます。

ツナサラダ巻き・梅納豆巻きの作り方

2:

薄焼き卵の材料を合わせ、弱火でゆっくり焼きます(2枚)。ツナ缶は油をよくきりキュウリは千切りにし、マヨネーズで和えます。レタスは洗い水気を拭き取ります。

巻すの上にラップを敷き、薄焼き卵をのせ、すし飯を薄く広げます。レタス、ツナマヨネーズを重ね卵焼きを手前からくるりと巻きます。しばらくおいて形を整えます。

3:

納豆に練り梅と刻みねぎを混ぜ合わせます。ツナサラダ巻きと同じ要領ですし飯を薄くのせます。たて半分に切った海苔を敷き梅納豆をのせます。

手前からくるりと巻きしばらくおき形を整えます。

4:

食べやすい大きさに切り分けてお皿に盛り付け、お好みでお醤油をつけて召し上がってください。

三色のミニ押し寿司の作り方

5:

鮭そぼろ」「菜の花」のからし和えの作り方は以前のガイド記事をご覧ください。炒り卵は、割ほぐした卵に調味料を加え、温めたフライパンでハシを使って混ぜ合わせます。固さはお好みで。

底のない丸いケーキ型(直径7cm)に1/3すし飯を入れ、スプーンで押さえてしっかり詰めます。次に菜の花のからし和えを5mmほど重ねて上からすし飯を1/3入れて、スプーンでしっかり詰めます。

6:

鮭のそぼろ、菜の花のからし和え、炒り卵をバランスよく盛り付けスプーンで軽く押さえつけながら型からはずします。

7:

右はカツオそぼろを重ねた三色寿司です。いろいろな材料を使って旬の押し寿司をお楽しみください。

ガイドのワンポイントアドバイス

スプーンでしっかりとすし飯を押さないと写真のように層になった押し寿司になりません。桃の節句は、彩りも華やかな三色のミニ押し寿司に、お吸い物を添えて召し上がってください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。