自家製食べるラー油の作り方・レシピ

所要時間:20分

カテゴリー:手作り調味料食べるラー油

 

手づくり、具だくさん食べるラー油

大人気の、具だくさん食べるラー油。早速このラー油を手づくりしてみました。香味油と、辛さの中にも甘みを感じる韓国産粉唐辛子と、サクサクのフライドガーリック、甘みのフライドオニオン、旨みの干しエビなど具をたくさん入れた食べるラー油です。

炊き立てのご飯にそえたり、おにぎりの具に加えたり、おかゆのトッピングにも。また酢とあわせて少しピリ辛ドレッシングでサラダに、葱たっぷりのオムレットに加えるなど、いろいろ楽しめますよ。

具だくさん手づくりラー油の材料(出来上がり220g

手づくり具だくさんラー油
サラダ油 100ml
ごま油 50ml
唐辛子 1本 (鷹の爪)
生姜 1片
ねぎ 先の青い部分 10cm
干し海老 10g
白ごま 10g
唐辛子粉 (韓国粉唐辛子) 15g
コチュジャン 20g
醤油 小さじ2
砂糖 小さじ1(お好みで)
フライドガーリック 10g
フライドオニオン 10g
日本の唐辛子は辛味が強いので、辛みの中に甘みを感じる韓国粉唐辛子を使用します

具だくさん手づくりラー油の作り方・手順

食べる具だくさんラー油

1:干しエビ、粉唐辛子、白ごま、ごま油(大さじ1)を混ぜ合わせる

干しエビ、粉唐辛子、白ごま、ごま油(大さじ1)を混ぜ合わせる
干しエビは、みじん切りにします。ボウルに韓国粉唐辛子、干しエビ、白ごまを入れ、ごま油50mlから大さじ1を加え、混ぜ合わせる。

2:香味油をつくる

香味油をつくる
小鍋にサラダ油、残りのごま油、唐辛子(鷹の爪)、生姜、ねぎを入れ、弱火で2分ほど火にかけ、油に香りを移します。

3:香味野菜を取り出し、強火にする

香味野菜を取り出し、強火にする
ねぎ、生姜、唐辛子をこげる前に取り出し、油から少し煙が出るまで強火で熱します。

4:熱した油を、1のボウルに入れる

熱した油を、1のボウルに入れる
1のボウルに3の熱した油を2~3回に分けて入れます(ジュッと音と湯気が立ち上がります)。

5:調味料を加え、フライドガーリック、オニオンを加える

調味料を加え、フライドガーリック、オニオンを加える
コチュジャン、醤油、砂糖(お好みで)を加え混ぜ合わせます。粗熱が取れたらフライドガーリック、フライドオニオンを加え全体を混ぜ合わせます。

6:保存ビンに入れ、常温に置く

保存ビンに入れ、常温に置く
冷めたら保存ビンに入れ常温に置きます。1ヶ月ほどで食べきってください。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は、市販品のフライドガーリックとフライドオニオンを使いました。生のにんにくや玉ねぎを使うと、食感が違います。生のものを使う場合は、それぞれをみじん切りにして、手順1の材料に合わせ、熱い香味油を注ぎます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。