乳酸キャベツ人気で注目!本格ザワークラウトの作り方

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかず漬物

 

基本を押さえたザワークラウト

ダイエットにも効果があると人気の「乳酸キャベツ」。新しい呼び方のようですが、ドイツの発酵食品「ザワークラウト」のことを指すようです。乳酸キャベツというブームで終わらせず、これを機にぜひ本場ドイツの美味しい一皿を味わっていただければと思います。少し時間がかかりますが、その分美味しさが違います。

定番のドイツ料理として挙げられる、ソーセージとザワークラウトを組み合わせた一皿。キャベツを塩漬けすることで、発酵によって酸味あるお漬物になります。この酸味が脂っこい肉料理の消化を助けてくれます。肉料理の付け合せにはもちろん、こんがりと焼いたベーコンにあわせたり、粒マスタードを足してサンドイッチにするのもおすすめです。優しい酸味が美味しさをアップしてくれます。

キャラウェイシードは褐色の5mmほどの小さなキャラウェイ(ヒメウイキョウとも呼ばれる。セリ科の1~2年草)の種子で、甘く爽やかな香りとほのかな苦味を持っています。サラダやスープ、ライ麦パン、クッキー、ケーキなど幅広く利用されています。

乳酸キャベツの作り方の材料(作りやすい分量

ザワークラウト
キャベツ 1個 約1kgほど
20g
キャラウェイシード 小さじ1/2
ローリエ 2枚
赤唐辛子 1本
200ml
キャベツ1/2個で作る時は材料を半分にして作ります。

乳酸キャベツの作り方の作り方・手順

本格ザワークラウト

1:外側の皮を取り除いて半分に切り、芯をとる

外側の皮を取り除いて半分に切り、芯をとる
キャベツは外側の葉を3~4枚ほどはがして半分に切り、芯を取り除きます。

2:千切りにして洗う

千切りにして洗う
5mm幅の千切りにします(スライサーなどで切ると簡単)。さっと洗い水気をしっかりと切ります。

3:塩などを加える

塩などを加える
塩、キャラウェイ、手でちぎったローリエ、中の種を取り除き細かく切った赤唐辛子を加えます。

4:水を加えよく混ぜ合わせる

水を加えよく混ぜ合わせる
水を加えて、手でよく混ぜ合わせます。

5:漬ける容器を消毒する

漬ける容器を消毒する
漬ける容器はきれいに洗い、アルコール消毒をします。落し蓋や重しなどもアルコール消毒をします(35度の焼酎を霧吹きに入れて振りかける)。

6:容器に詰めて重石をかける

容器に詰めて重石をかける
容器に4を詰め平らにして、上にラップをかけます。ラップの上に落し蓋をして材料の2倍の重さの重石(2kg)をのせます。ホコリが入らないようにラップで覆い蓋をします。常温におきます。

7:漬け終わったら軽く絞り、別の容器に移して冷蔵庫で保存

漬け終わったら軽く絞り、別の容器に移して冷蔵庫で保存
夏場なら5日から1週間ほどで食べることができます。漬け汁を軽く絞って別の容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。

8:器に汁気を絞ったザワークラウトを盛りつける

器に汁気を絞ったザワークラウトを盛りつける
ソーセージなどを器に盛り、汁気を絞ったザワークラウトと粒マスタードを添えます。

ガイドのワンポイントアドバイス

夏場は、漬け込んで5日ほどすれば食べ始められます。冬場は1~2週間ほど漬け込みます。どちらも日が当たらない常温におきます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。