メールが消失するのはスパムフィルターが原因

研究発表ではメール消失の原因はスパムフィルターにあると考えています。

スパムフィルターはいろいろなやり方で行われています。
ブラックリストフィルタ
ブラックリストに掲載されているIPアドレスからのメールを通しません。
ホワイトリストフィルタ
ブラックリストフィルタの反対でホワイトリストに登録されたIPアドレス以外のメールを通しません。

実験で使われたメールは様々なシステムから送られましたので、中継で使われたSMTPサーバーのIPアドレスがブラックリストに載っているケースもあれば、反対にホワイトリストに載っていないケースも出てきます。そういったことからメールが失われてしまったようです。この場合は次のテキストフィルタ以前にメールが消えてしまいます。

テキストフィルタはメールのヘッダーや内容に特定の語句がないかどうか探し、あればメールを通さないようにします。

通常はアダルトや出会い系、暴力的な語句があればフィルターではじかれますが、実験結果ではエンロン、株、ビジネスの提案という語句もスパムと認識される率が高くなっていました。

他にはベイジアンフィルタというのもあります。これはスパムメールの特徴を確率統計的な手法を用いて分析して通さない手法で、サンダバードやユードラ、ベッキーなどのメールソフトに搭載されています。

→ 『スパムメール撲滅!サンダバード出動』

フィルターリングソフトについては『フィルタリングソフトってなに?注意点は?売れ筋は? フィルタリングソフト入門』を参照ください。

では、どうすれば

メールのネチケットの基本にたちかえる
メールのネチケットの基本にたちかえる
実験は海外で行われましたが日本でもよく似た状況が発生していると推測できます。例えばパソコンにノートン・インターネットセキュリティを導入して、スパム対策機能を中レベルにしていると、楽天市場から届くHTMLメールがスパム扱いになったりします。

またテキストフィルタで害のない単語がスパム扱いになっている場合もあります。ハンドルネームに「ジュル」を使っていた人が、メールソフトの送信者名を「ジュル」にして送ると、よく相手に届かないことがありました。本名に直すと解消されましたが、これもテキストフィルターの影響でしょう。

では、どうすれば
メールを出す側:メールは届かないことがあることをまず認識し、大切なメールは電話や郵便など他の方法でも連絡する。

メールを受け取る側:受け取った事実だけでもかまわないので、すぐ相手に返事を出す。

メールのネチケットの基本にたちかえるしか、対策はありません。

参考ガイド記事

→ メールでばれる会社のレベル
→ こんなメールを出していませんか メールで失う職場の信頼
→ アドレス帳の名前に注意 たかがメールされどメール
→ メールはあてにならない!届かないメール
→ 恋人の心を掴んで離さないメールの極意
→ パートのおばさんにまでメールアドレス!?
→ 新入社員のためのメール作法
→ 先延ばししない! メール処理術
→ スパムメールと間違えられない5つの法則
→ 開封通知を要求するメールはマナー違反
→ 顧客満足につながるメール対応
→ 慣れないIT化によくある失敗
→ スパムメール撲滅!サンダバード出動
→ メールアドレスの@はいつ誕生したの
→ 社内でのネット私的利用を止めさせる えっ、アダルトの請求メールが!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。