お金を早くもらうために売り主にできること


写真のタイトル
思い出の詰まった家を売ってお別れするときには、さすがに感傷的になるものです
使えるお金を早くもらうためには、最終残金を受け取る物件の引渡し日を早くするのが一番です。

では、売り手であるあなたが、早くお金をもらう準備とは・・・

○抵当権の抹消がすぐできるように抵当権者(主に銀行など融資機関)と話をつけておく

○引渡し(移転登記)に必要なすべての書類を完備しておく
(買い替えのための住所変更などは引渡しの後にしたほうがよい)

○隣地境界の確定など、引渡しに必要な条件を満たしておく

時には、お金をなかなかもらえないときもある


家を売る人が、急いでお金を受け取りたいときの準備を書いてきましたが、逆に売り主であるあなたがお金を契約書で定めた入金時期通りに受け取れない(入金が遅れる)場合もあるので、注意が必要です。

○残金留保
売り主であるあなたに小さな債務不履行があり、なおかつ買い主が物件の引渡しを急いでいるときには、あなたの履行を待たずに引渡しをすることがあります。しかし、あなたの不履行の見返りとして一部の残代金を支払い留保する方法です。

たとえば、買い主が解体することを求めていた古い物置がありました。あなたは引渡し日までに解体することができずに、引渡しの当日にも現地にその物置が残っている、とします。このとき、買い主は引越しの手配を済ませているので、引渡しを延期したくはない。なので、残金を一部留保して決済に応じました。一部留保した金額は、その物置の解体費相当額です。
 
最近は、銀行の名前や支店がひんぱんに変っています。大事な家の売却の日に、お金を受け取ろうとしたら、通帳に書かれている支店がなかったなんてことで大騒ぎすることもあります。ぜひ、受け取りや返済に使う通帳は、事前に記帳をしておいて、必要があれば新しい通帳に繰り越すなど、できる限りの準備を怠らないことです。


   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   

【家の売り方講座 バックナンバー】

Vol.23 家を売るには秋は絶好の季節です
Vol.22 家を売る人の勝ち組、負け組
Vol.21 中古住宅を売るときの税制特例
Vol.20 マイホームオークション潜入記
Vol.19 オークションで家が売れるの?
Vol.18 ご縁が大事!家は気前良く売ろう
Vol.17 建物価値がゼロになるのはいつ?
Vol.16 業者への依頼は専任か?一般か?
Vol.15 家を売る時の不動産業者の選び方
Vol.14 オープンハウスのための心構え
Vol.13 オープンハウスのためのモノ対策
Vol.12 家の売りどきは新築後何年目?
Vol.11 家を売るときにかかる諸費用
Vol.10 人気物件なら一般媒介でOK!
Vol.9 「客います」のチラシって本当?
Vol.8 和室にも立派な商品価値あります
Vol.7 家を売るときに隠し事は禁物!
Vol.6 特定の居住用財産の買い換え特例
Vol.5 家が売れるまでに何ヶ月かかる?
Vol.4 自宅の価値を上げるには・・・
Vol.3 家の譲渡損失を税金で取り戻す
Vol.2 家が売れない訳
Vol.1 家を高く、早く売るために!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。