家を売ったときに、手元に残ったお金が、次の買い換えの購入資金になります。手元にいくら残るかは、いくらで売れるかということと、売るときに費用がどのくらいかかるかということで決定します。
家を売った手取り金 = 売却価格 - 諸費用 - 住宅ローンの残額
諸費用があなたの手取額を決めるのです。では、家を売るときの諸費用には、どんな経費があるのでしょうか?以下に、一般的な諸費用を説明します。

家を売るときの仲介手数料は「売れたら払う」成功報酬です

媒介手数料


家を売るときには、プロの不動産業者に販売を依頼することになります。依頼の方法は、「媒介契約」を締結することです。不動産の販売の仕事は、「成功報酬」です。売れたら、報酬を払います。その報酬は、国土交通省告示によれば・・・
「物件価格(税抜き)X 3.15% + 63,000円」
が上限と定められています。2,000万円で家が売れたら69万3,000円が規定の媒介手数料となります。

住宅ローン繰上げ返済の手数料


家が売れたらその代金で、住宅ローンをぜんぶ返します。期限前に繰り上げ返済をするので、銀行に余分な仕事を頼むことになり、その分の手数料がかかります。銀行によりますが、一般的には5,000円くらいです。

抵当権の抹消費用


上で書いた住宅ローンの完済と同時に、家の登記簿についている抵当権をはずしてもらいます。これを「抵当権の抹消(まっしょう)」といいます。この「抵当権の抹消」は司法書士が行います。費用としては、抹消登記の登録免許税が1件1,000円と、登記を代理する司法書士の報酬で、2万円以内くらいの費用です。抵当権が複数付いていれば、1件に付き11,000円くらいが追加されます。

売買契約書の印紙代


家を売る契約書には収入印紙をはらなければいけません。印紙代は契約価格によりますが、1,000万円を超え、5,000万円以下の価格なら、1万5,000円の印紙を貼って割り印をします。

測量代


もし、売主として土地を実測して引き渡す義務がある契約条件であれば、測量代が発生します。こちらは、土地の大きさや形状と隣地との関係により金額は違ってきますので、一概には言えません。30年以上前から持っている古い物件であれば、測量代もそれなりにかかると予想されます。
【関連記事】『実測と登記簿、どっちで判断?』

リフォーム・クリーニング代


リフォームや改装を約束して契約した場合には、その分の工事費用がかかります。そのようなサービスを売主がすることは少ないのですが、引っ越す時のクリーニング代くらいは見積もっておいた方がラクです。

引越し代も必ず見積もっておきたい諸費用のひとつです

引越し代


これは、必ず必要な費用です。(自分で運ぶという人もいますが・・・)荷物の量と移動の距離により料金が決まりますが、いろいろなサービスがあるので綿密な打合せをして、見積もりをもらいましょう。

税金


家を売ったときの税金としては「譲渡所得税」があります。家の税金にはいろいろな軽減措置や特例があるので、税金がかからないケースが今は多いと思います。
【関連記事】『買い換えにともなう税金』

いかがでしたか?家を売るときの費用についてご理解いただけましたでしょうか?
家の買い換えという意味では、これらに買うときの諸費用を加えればいいだけです。購入時と売却時の費用の合計が、買い換えの諸費用となります。
【関連記事】『住宅購入の諸費用』(住宅購入のノウハウ)

【家の売り方講座 バックナンバー】
Vol.10 人気物件なら一般媒介でOK!
Vol.9 「客います」のチラシって本当?
Vol.8 和室にも立派な商品価値あります
Vol.7 家を売るときに隠し事は禁物!
Vol.6 特定の居住用財産の買い換え特例
Vol.5 家が売れるまでに何ヶ月かかる?
Vol.4 自宅の価値を上げるには・・・
Vol.3 家の譲渡損失を税金で取り戻す
Vol.2 家が売れない訳
Vol.1 家を高く、早く売るために!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。