中古マンション市場では、わかりやすい価格形成に向けてデーターベース化が着々と進んでいます。マンションでは、価格を専有面積で割るだけで、かなり客観的な価格指標が計算できますので、一般の人にも分かりやすいのです。
【関連記事】「中古マンション値づけ法」
【関連記事】「家の売り方、買い方に異変が!?」

一方の戸建住宅の値づけは、マンションよりも複雑で、なかなか一般的な話としてガイドすることがむずかしいです。プロの売買専門の不動産業者さんでも、結局は売買事例にしたがった値づけを信じるしかないようです。

家の値段は土地代プラス建物代


戸建住宅の値づけの要素が複雑だといいましたが、大胆にいえば結局は「土地代プラス建物代」なのですから、このふたつを概算することができれば、おおよその金額は計算できるはずです。

戸建住宅を買い替えるとき、売るときに、知っているとたいへん便利な簡単査定法をご紹介します。
写真のタイトル
戸建住宅の査定は、マンションよりも複雑だが、大胆に言えば土地の価格と建物価格の総和に過ぎない


戸建住宅の面積は、分かっています。ですから、あとは単価を知ることができれば、戸建住宅の値づけは素人にもできるのです!