家の買い換えを成功させるためには、全体のスケジュールを立てて、お金と心に余裕を持つことが大切です。そのスケジュールの中で一番時間がかかるのが、家を売ることです。

家を売るためにかかる時間が全体の計画を決定します。そこで、今回は家が売れるまでの工程をガイドいたします。この工程は、自宅の売却の媒介契約を結んだところから始まると想定して販売計画をガイドします。


●まず販売開始まで1週間
売却を依頼する仲介業者を選んだら、販売価格を決めてから媒介契約を結びます。
【関連記事】「必ず売れる値付けの考え方」
この媒介契約締結から販売開始まで期間は、普通の仲介業者なら最低1週間はかかるでしょう。広告の作成や見込み客への説明に必要な情報を調査して、すべてにわたり裏づけを取って、仲介業者は正確に把握しなければならないからです。この作業が不十分だと、契約後のトラブルとなって準備不足のツケが回ってくるものです。

媒介契約の期間は、ワンクールで3ヶ月間とするのが通常です。それは、専任媒介・専属専任媒介の有効期間は3ヶ月を超えることができないと、宅地建物取引業法で定められているからです。3ヶ月以内の期間で繰り返し媒介契約を更新することはできますが、更新しないで3ヵ月後に仲介業者を変えることも依頼者にはできるわけですので、3ヶ月はやはり売却の目標期間です。一般媒介の場合にも、約款で3ヶ月以内と定めているケースがほとんどです。
【関連記事】「家を売る前に知っておきたいこと」