1日で数千人規模の見学者

「恵比寿ガーデンテラス壱番館」は1994年7月に竣工。34階建て、総戸数290戸のタワーマンションである。

ビール工場時代のレンガ色を踏襲したのだろうか。「恵比寿ガーデンプレイス」の建物はどれも少し赤みを帯びた色合い


分譲は、ほぼ竣工間際のタイミングで始まった。94年と言えば、経済環境としてはデフレの真っただ中。にもかかわらず、分譲価格が坪単価にして約@500万円。大量の億ション販売となったわけだが、ふたを開けてみると数千人規模の来場で大盛況、即日完売だったと記憶している。

転売目的の購入者を排除

投機目的の購入をさけるため、「恵比寿ガーデンテラス壱番館」の分譲では5年間の売却禁止が条件として付いた。

そのせいもあってか、2年前のファンドバブルに至るまでは、比較的安定した相場を形成していたのではないだろうか。

マンションは「ウェスティンホテル東京」の隣。ゆとりのエントランスは、そのままゆとりのある歩道へとつながっていく


■恵比寿ガーデンテラス
所在地:目黒区三田1丁目
分譲主:サッポロビール
設 計:久米設計
施 工:大成建設

【関連記事】
資産価値のセオリーと『青山パークタワー』
日本初!?の世界基準「東京ツインパークス」
「広尾ガーデンヒルズ」の最新事情<後編>
「広尾ガーデンヒルズ」の最新事情<前編>

◆ヴィンテージマンション一覧

【フェイスブック】
高級マンション


Copyright(C)2006 MH3 Inc. All rights reserved.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。