条件2 エントランスで視界が抜けること

邸宅マンションは総戸数が数十戸程度の小ぶりな規模である場合が多い。そのスケールの小ささから大胆な共用空間が取れず、エントランスなども申し訳程度で済まされてしまうことが少なくない。しかしながら、やはり建物の顔となる入口には、足を踏み入れたときに視界が抜けるなどのちょっとしたサプライズが、やはり欲しい。

写真をクリックすると次の写真に進みます
セキュリティのかかったエントランスから一歩足を踏み入れると、真正面向こう側(やや上部)に森の緑が見える。エレベーターに向かうこの階段が山と海をつなぐトンネルのような役割を果たしているというわけだ