条件3 集合住宅の利点が発揮されていること

大規模マンションではゲストルームや特大ラウンジなどスケールメリットをいかした共用施設が見どころの一つとなる。が、小規模物件でそのようなスペースを設けることは難しい。せいぜい集会室の小部屋を設けるのが精一杯だろう。しかし、何かしら工夫がほしいものだ。集って住むメリットがまったく感じられないようでは建物としてのステイタスも半減するのではないかと思う。

写真をクリックすると次の写真に進みます
前ページの階段を登り切った先にはこの景色が。「プライベートガーデン」と名付けられたこのスペースは流れ込む森の空気を受け止める場所になっている。半屋外、3層吹き抜けの巨大な空間は総戸数22戸とは思えないスケール感を印象付ける