条件1 自然豊かな立地環境であること

邸宅街として知られるエリアは、都市計画法上の地域地区(あるいはそのなかの用途地域)において、第一種低層住居専用地域や風致地区などに指定されている場合が多い。そのような場所では空地率が高く、緑豊かな街並みが形成されやすい。

写真をクリックすると次の写真に進みます
「パークハウス葉山翠邸」は目の前が海、背面には山が切り立つ。まさに自然にはさまれた立地である。さらに、海といっても単なる海岸ではない。このガラスに写ったマストがご覧いただけるだろうか。なんとヨットハーバー「葉山マリーナ」が物件の正面に位置している