定番に自分なりのひと工夫

オン・ザ・ロック/ハイボール
オン・ザ・ロックやハイボール、水割りなどその時の気分でさまざまに愉しんでいただきたい
ウイスキーフロートが好きな人も多い。20代後半わたしもはまっていた。水の上にウイスキーを静かに浮かべ、二層にして、まずはストレートでやがて混ざり合い、最後は水割りでというものだ。
さてバーではステアアップというやり方でウイスキーを愉しむ人が意外といらっしゃる。女性にも多い。カクテルのミキシンググラスに氷とウイスキーを入れ、よくステアしてもらった後、冷えたウイスキーだけをグラスに注いでもらう。氷はなし。ウイスキーシェークとはまた異なる味わい。

ウイスキー&ソーダ、ハイボールとなると自分なりのスタイルを持つ人が多い。
氷の有り無し。レモンの有り無し。グラスの縁にレモンを擦るとか、しないとか。ソーダを注いだらマドラーで2回転とか、いやかき回さないでとか。
バーボン&ソーダに割とこだわり派が多くて、この間は氷の下にレモンスライスを敷き、ソーダを入れたらかき回さないで、レモンピールをグラスから20センチほど離れた上45度くらいの角度から擦って(絞る)欲しいという人に出会った。この人なんか「バーボン&ソーダはこれじゃなきゃいかん」といった信念があって好感が持てた。


試さないで欲しい飲み方

タイトルは「新しい飲み方提案」であるが、実は皆さんに自分なりの飲み方を探って欲しいというのが本音。シングルモルトはテイスティンググラスだ、という人に最近出会ってわたしはガクガク、ガチョーンとショックを受けた。
そんなことはない。はじめてのウイスキーならともかく、飲み慣れたウイスキーならば自分の好きなグラス、飲み方で愉しめばいい。いつも言うことだが、酒の世界を狭めないでいただきたい。
そしてウイスキー入門者にはウイスキー&ソーダ、いわゆるハイボールをすすめる。もしバーにいったならばひと口ふた口はストレートで、そのウイスキーの生(き)の味わいを知ってからハイボールにつくり直してもらって欲しい。

では最後にこれは試しちゃいけないよ、という飲み方を言っておく。わたしが25歳から26歳の2年間くらい、風呂上がりに習慣化してしまった、いけない飲み方だ。それはウイスキーのビール割り。
なんであんな飲み方をしてたんだろうと思う。まだ駆け出しで、いいコピーが書けなくて苛立ってたんだろうな。自分に自信がなくて、やけっぱちでゴクゴク飲んでたんじゃなかろうか。そんなにおいしいもんじゃないから、皆さんは真似しないように。

前回記事「31回 クリスマス、バーでの美しい飲み方」もご一読いただきたい。

関連記事

その1 夕暮れのドライ・マンハッタン
その2 アイルランドを謳うシャムロック
ウイスキーの飲み方指南/ルールはあるか?
愛されるウイスキーの飲み方を教えよう
ハイボールって、なんだ?
ウイスキー・ソーダとハイボールの違い
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。