協力:サントリー
PR

ウイスキー&バー ガイド 達磨 信

だるま まこと

ウイスキーファンをひとりでも増やすべく、情報発信中。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数463
執筆書籍数2

ガイドからの挨拶

麦やトウモロコシといった穀物を原料としてつくられ、樽で熟成させるウイスキー。その主流は5大ウイスキーと呼ばれるものです。
アイリッシュ、スコッチ、カナディアン、アメリカン、そしてジャパニーズ。これらが世界的に親しまれています。
ただひと口に5大ウイスキーといっても、それぞれの土地の風土に育まれた独特の個性があり、香味も異なります。またモルトウイスキー、ブレンデッドウイスキーといったタイプの違うウイスキーもあります。そのため情報も多岐にわたり、容易に語り尽くせるものではありません。
愉しみ方もさまざまにあります。飲み方、水との相性、グラス、ウイスキーに合う料理から、飲むだけでなく蒸溜所を訪ねたり、文学や映画のシーンで親しんだりと興味は尽きません。
このサイトはできるだけわかりやすくウイスキーの愉しみをお伝えしていくつもりです。ひとりでも多くのウイスキー・ファンが増えることを願って、情報を発信しつづけます。

ガイドの新着記事

  • ウイスキーボトルに見る英国ガロンと米国ガロンの違い

    ウイスキーボトルに見る英国ガロンと米国ガロンの違い

    今回はウイスキーボトルの容量に関して、イギリスのインペリアルガロン(エールガロン)とアメリカガロン(ワインガロン)とは、そして数値が異なるお話をしよう。ワインかエール(ビール)かの違いではあるが、1ボトルに関しては近似値に落ち着く。合わせて日本の720ml(4合瓶)についても触れたい。

    掲載日:2021年02月28日ウイスキー&バー
  • ウイスキーボトルに700mlと750mlの何故?

    ウイスキーボトルに700mlと750mlの何故?

    ウイスキーのハーフボトルや小容量ボトル記事を掲載してきたが、今回はレギュラーボトルに関して述べたい。最近、なぜ700ml、750mlといった異なるサイズのウイスキーボトルが存在しているのか、といった質問をされることが多くなった。何回かに分けて、ウイスキーボトルの標準容量の違いと歴史背景を探って見たい。

    掲載日:2021年02月21日ウイスキー&バー