精油に含まれる虫除け効果について

害虫をアロマで駆除してクリーンな環境を作りましょう

害虫をアロマで駆除してクリーンな環境を作りましょう

植物はいろいろな目的(主としてサバイバル)のために香りや苦味といった成分を持っています。香りの効果の中で「忌避効果」というのがあります。これは虫やバクテリアが香りを嫌うのを利用した効果で、植物が生き物に食べられるのを避けて、生き延びていくために持っているものといえます。

この効果を利用すればアロマによって虫除けが完成。日本では古くから除虫菊(じょちゅうぎく)が蚊取り線香として知られていますね。アロマテラピーでも蚊取り線香のように香りを部屋に広げておいて、虫をよせつけない使い方があります。

天然100%の成分である精油を使えば、殺虫剤のような怖い副作用もありません。小さな子どもやペット、化学薬品に過敏な人にも有益に使えます。地球環境への負荷も少ないはず。

そして何より香りがいい。いわゆる虫除剤のような嫌な匂いがありません。シーンや場所によって香りをセレクトしましょう。ただ、虫が突然死ぬということではありません。できるだけ遠ざけるといった印象です。

使い方は、デュフューザーで芳香浴はいかがですか。蚊取り線香のように香りを広げておけば、虫が寄り付かない環境が作れます。手作りアロマスプレーもおすすめ。外出前に体や服、持ち物に吹き付けておきます。赤ちゃんがいるならベビーカーなどにも振っておくといいですよ。

虫除け効果に優れる精油(エッセンシャルオイル)

下記の精油をそのまま肌に塗ってはいけません。また虫除け効果には個人差があります。

地球にも優しい点がアロマテラピーの利点の1つ

地球にも優しい点がアロマテラピーの利点の1つ

クローブ
クローブはアロマのなかでも、かなり独特なスパイス系の香り。ゴキブリを寄せ付けない効果が望めます。キッチン周りにオススメです。

ゼラニウム
強く香るフローラル系のアロマ。蚊をはじめとする昆虫を寄せ付けない効果が望めます。外出じにオススメです。

ラベンダー
蛾、蚊を寄せ付けない効果が望めます。どんなシーンでも使いやすい香りです。

レモングラス
蚊、ノミを寄せ付けない効果が望めます。どんなシーンでも使いやすい香りです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。