ダンベルでダイエット……重さは女性は1キロ・男性は3キロを目安に!

ダンベルでダイエット……重さや種類は?

ダンベルでダイエット……重さや種類は?

ダンベルを使ったエクササイズは、ウエイト負荷によって効率的に筋肉が刺激でき引き締め効果も抜群です。自宅に居ながらにして手軽に自由度の高いエクササイズが出来るという点で、多くの人がダンベルをお持ちなのだと思います。

しかし、その一方で効果が出ずらい、やりずらいと言った理由から、ほこりをかぶって邪魔な存在になっているという声もよく聞きます。その場合は、ダンベルの選び方を間違えているのかもしれません! そこで、今回はあなに合った正しいダンベルの選び方をご紹介します。
   

女性は1キロ・男性は3キロを目安に!

自分に合ったダンベルを選ぼう!

自分に合ったダンベルを選ぼう!

ダンベルの重さは、女性で1キロ前後、男性で3キロ前後の重さを目安にするといいでしょう。 ダイエット促進や早く筋肉をつけたいといった理由から多くの人が、重量のあるダンベルを選びがちです。しかし、ダンベルは手に持って大きく動作する機会が多いため、振り回した際に手から抜けてしまうことも。また、ダンベルを持って腰をひねる運動の際に重すぎるダンベルに振り回され、腰椎を傷める危険もあります。ダンベルを正しく選んで事故や怪我を引き起こさないようにしましょう。

基本的にダンベルを使った筋トレは、いわゆる二の腕といわれる上腕二頭筋と肩の筋肉を使うことが多いのですが、この二つの筋肉はとても小さな筋肉ですので、初心者の方や女性は軽めのダンベルを利用して、徐々に体を慣らしていくことが大切です。
 

ダンベルを購入する際のポイントは?

初めて購入するのであれば、スポーツ用品店などで実際にグリップの感触や負荷を確かめましょう。女性の場合、握力が弱いため手から抜け落ちる可能性もあるので、ベルト付きかコンパクトタイプがオススメです。
女性にオススメ、コンパクトタイプ

女性にオススメ、コンパクトタイプ



重さも少し重いかな?という重さで、20回を目安に上げ下げできるか確認しましょう。例え、軽めであったとしてもフォームが崩れず、回数をきちんとこなせるほうが確実に効果が出ます。

既にダンベルを持っている、慣れてきたので新しいものを、と考えている人は腕の小さな筋肉用よりも重いダンベルを胸と背中用に購入して重さにバリエーションをつけてみましょう。
 

ダンベルの種類

■ウォーターダンベル
このタイプは、本体に水を入れて重量を調整するタイプ。最近では、100円ショップでも売っています。初心者や筋肉量が少ない人は500グラムから始めて、慣れてきたらお水の量で2キロまで増やしていきましょう。 また、空のペットボトルを利用できるので、重さを確認してみるのもいいでしょう。

ソフトダンベル
ソフトダンベルタイプ

ソフトダンベルタイプ

このタイプは、グリップやヘッドがポリウレタンなどのスポンジにくるまれています。スポンジが汗を吸収するので、汗でグリップが滑ることがありません。またスポンジが落下したときの衝撃を吸収するので、床を傷つけません。比較的軽量のものが多いです。
 
■調整可能なプレートタイプダンベル
プレートタイプダンベルタイプ

プレートタイプダンベルタイプ

このタイプは、ウエイトを自由に変えられるので、ある程度筋トレをし、部位ごとに重さを変えていきたい人にオススメです。また、固定型のダンベルの場合、ひとつずつ揃えていくとお金と場所を取ってしまいますが、この調整型はそういった煩わしさがありません。
 

 ■ケルトベル

ケルトベルタイプ

ケルトベルタイプ

ややストイックなこのタイプは、床に置いたケトルベルを頭上まで一気に持ち上げたり、左右に揺らしたり、使い方はさまざまです。重心が先端に位置するので、バランス感覚、柔軟性が養われると同時に、体を支える深層筋を鍛えるのにも適しています。
 
パワーブロック
パワーブロック

パワーブロック


このタイプは、ピンの差し込みだけで重量変化ができるので手間がかからず、集中力が切れません。持ち手のグリップもソフトで握りやすく、握力の弱い人にもオススメです。


いかがですか? ダンベルといっても、重さも形も多種多様。今回ご紹介したのは、あくまで選び方の目安ですので、自分の筋力や目的に合ったダンベルを実際に手に取って試す事をオススメします。筋トレで大切なのは継続すること。それをサポートするダンベルが継続の鍵を握るのは、言うまでもありません。

是非、あなたにあったベストダンベルを見つけて下さい。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。