体の厚みをとって華奢な3D BODYに

体の厚みを取ってもメリハリが利いたあなただけのボディラインを作りましょう!

体の厚みを取ってもメリハリが利いたあなただけのボディラインを作りましょう!

女性は、「体を薄く見せたい!」と思うもの。とは言え、痩せすぎだと女性としての魅力に欠けてしまうので、私たちが目指すのは、華奢な3D BODY!ではないでしょうか。

では、華奢な3D BODYの必須条件とは?
◆胸とお尻は、小さくても大きくても弾力があり、女性らしいラインをキープしている。

◆横から見た時
○IN!無駄なお肉がなくスッキリしている
胸の下にタプついたお肉がない
ブラに食い込んだ背中のお肉がない
×OUT!背中が丸まり、もっさりした雰囲気をまとっている

◆前から見た時
○IN!くびれがある腰周り
×OUT!体全体の形が、四角い印象

いかがですか?これは誰にでも当てはまる、理想的なシルエットではないでしょうか。では、早速次のページからオリジナルな3D BODYを作るエクササイズをご紹介しましょう。
 

 

お腹周りを薄く魅せる!エクササイズ

このエクササイズでは、ポッコリした下腹や、胸の下の浮き輪状態になる無駄肉を撃退します。また、両脚も前に伸ばす動きで、下半身の引締めにも効果的です。



 
動作1

動作1

1.床に膝を立てて座り、両手はお尻から15センチほど後ろの床に置きます。
 
動作2

動作2

2.息を吸いながら、両ひざを胸に引き寄せ、お腹を小さく丸め、みぞおちから恥骨までの腹直筋を刺激します。
 
動作3

動作3

3.息を吐きながら、両脚を前に伸ばします。15回を目安に動作しましょう。動きに慣れてきたら、15回を2セットにチャレンジしてみて下さい。


次のエクササイズは、くびれと背中の無駄肉を解消!です。

 

お腹のくびれを作り、背中の無駄肉も解消!エクササイズ

このエクササイズでは、斜めに腕を伸ばす動きで、くびれを作ります。また、腕の付け根の肩甲骨周辺の無駄肉やたるみやすい二の腕も引締めにも効果的です。

 

 
動作1

動作1

1.両ひざをたて、仰向けになり、両手は頭の先の床に置きます。この時、腰が床から離れ反り過ぎないように注意しましょう。
 
動作2

動作2

2.息を吸いながら腕を伸ばし、息を吐きながら、右手を左膝の外側をタッチします。この時、首の力、顎の力を抜き、お腹から起きあがるイメージで動作してみましょう。

 
動作3

動作3

3.息を吸いながら右手を上に戻し、息を吐きながら、左手を右膝の外側をタッチします。このまま左右15回づつタッチを目安に動作しましょう。動きに慣れてきたら、15回を2セットにチャレンジしてみて下さい。

次のエクササイズは、全身の無駄肉を解消!です。

 

全身の無駄肉を引き締める!エクササイズ

このエクササイズでは、体幹はもちろん、ヒップラインからふくらはぎ、足首まで、体の裏側の無駄肉を引き締める効果があります。さらに、この状態をキープし脚上げをするというのは、体の前側の筋肉群である、腹筋や胸筋を相当使わなくては不可能なため、前側にも効果があります。つまり、全身のラインを整えてくれる、3DBODYには欠かせないエクササイズなのです。ぜひ、チャレンジしてみて下さい!



 
動作1

動作1

1.両肘を肩の真下に置き、手首から肘までの前腕は平行になるように注意しましょう。膝を床につけ姿勢を整えます。
 
動作2

動作2

2.ゆっくりと床から膝を離します。おへそが腰を押し上げるイメージで、腰が反らないように注意しましょう。また、両肘、前腕でも床を押すようにし、腕の付け根から脚の付け根の体幹を安定させましょう。
 
動作3

動作3

3.そのまま、右足を腰の高さまで引き上げ、ゆっくりと右足を床まで戻しを10回を目安に動作しましょう。反対側も同様に。
かなり全身を使う動きなので、動きに慣れない場合は、5回を目安にチャレンジしてみて下さい。

いかがですか? この動作は慣れるまで多少時間がかかる人もいるかもしれません。しかし、自分の理想とするボディラインをイメージしながらトライすれば、必ずあなたが満足する結果が得られると思います。自分の体に期待して、じっくりと取り組んでみてくださいね。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。