「冬の間にゆるんだボディ、そろそろ何とかしないとヤバイかも!」と感じてる皆さんに、今なら夏前に十分間に合う必勝法をご紹介しましょう。

今回紹介するのは、「オフィスの中」で効率的にできるエクササイズ。「ダイエットはしたいけど帰りが遅くてジムに行けない」という方には必見です!
   

オフィスでエクササイズがダイエット成功のカギ!

お仕事タイムを活用すれば、ダイエットも続けられる!?

お仕事タイムを活用すれば、ダイエットも続けられる!?

長引く会議の合間やデスクワーク中、ちょっと席を外して立った時etc、オフィスの中でも案外スキマ時間はあるものです。この時間を無意識に過ごしてしまうか、はたまた気になるボディーパーツを意識しながらエクササイズするかで、あなたのボディラインは確実に変わってくるはず!

次のページでは、「会議中に行う美脚対策必殺技」「デスクワーク中の下腹シェイプ法」「コピー中のヒップアップ法」と3つのシーンを設定し、そこで出来るエクササイズを詳しくステップ毎に解説します。こっそり着実にダイエットを成功させる方法が満載ですので、すぐにでも実践してみましょう。
 

会議中のオフィスで太もものエクササイズ

頭の中はフル回転している会議中でも、机の下の脚までは気が回らないもの。緊張感ゼロで押しつぶされた太ももの太さを目の当たりにし、びっくりした経験はありませんか? この時、両方の膝を合わせるように意識するだけでも太もものシェイプには効果的です! さらに効果的にできる太ももエクササイズの方法を紹介します。


シーン1 ~会議中の美脚必殺技! 「太もも」エクササイズ~
首上
猫背にならないように椅子に座る
1.椅子の背もたれから背中を離し、腰を立てて引き上げるように座る。両脚の膝には小さな握りこぶしが1つ入るぐらいの隙間を空けておく。
 
首上
太ももの内側がピッタリ着くように!
2.膝と内ももが磁石でピッタリすい付くようなイメージで引き寄せる。この状態のまま約7秒キープ。
 
首上
特に太ももの内側を意識!
3.ステップ1の状態に戻す。力を抜いても背中まで丸くならないように注意する。これを5~6回繰り返し行う。
 

オフィスのデスクでもお腹のエクササイズ!

体の力が全部抜け、どっかり椅子に座りこんでしまっている人をよく見かけますが、これでは見た目も美しくないばかりか、力が抜けたお腹にどんどん贅肉がついてしまいます! 次に紹介する下腹エクササイズをデスクワークの合間、1日1分3回取り入れることで、ぽっこりお腹が解消するかも。


シーン2 ~脱・ぽっこり腹! デスクで「下腹」エクササイズ~
調整
背もたれに全部体重をかけるのはNG
1.椅子に浅めに座る。この時、上半身は猫背にならず、しっかり腰を立てて座るのがポイント。
 
調整
背中が丸くならないように!
2.両膝をそろえて直角に曲げ、10cmほど床から浮かす。上体が丸くならないように、腹筋にしっかり力が入っていることを意識する。
 
調整
下腹がじわじわ~と効いてくるはず!
3.両脚を前に伸ばし、右脚と左脚が交互に上下するように動かす。腹筋で脚の重さを支えるようにするのがコツ。10回ぐらいを目安に行う。
 

オフィスでコピーしながらヒップアップエクササイズ!

コピーが出来上がるのをただ待つだけなんてもったいない! コピー中にできるヒップアップエクササイズを習慣にしていきましょう。これはトイレに立った時などにも応用できますから、気付いた時には何度でも「ヒップアップのチャンス!」とばかりに行うのがオススメ。ただし、後ろに人がいないことを確かめて下さいね。


シーン3 ~コピー中に上↑(アゲアゲ)「ヒップアップ」エクササイズ~ 
首上
いつもよりおヘソの位置3センチ上を意識して立つ!
1.コピー機に手を軽くあて、若干足を外側に向けて立つ。上半身は背筋を伸ばし引き上げた状態で。
 
調整
反動で脚を上げないようにするのがコツ!
2.片脚を遠くに伸ばすようにゆっくり後ろへ上げていく。お尻から太ももの裏側の筋肉を使って脚を上げるイメージで。
 
調整
足が床に着かないようにコントロールして!
3.今度はゆっくり遠くを通りながら下ろしてくる。足を全部床に着いてしまわずに、少し浮かした状態のまま、また脚を上げていくのがポイント。これを5回ほど繰り返す。反対側も同様に。


いかがでしたか? 「オフィスの中」でも意外に“ながら”エクササイズできる時間はあるものです。

手軽に続けられるエクササイズを習慣にしてしまえば、気になるパーツも自然にシェイプされ、美しいボディラインへと近づきますよ!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。