アロマテラピーで活用する精油(アロマオイル)は、香りを楽しむだけでなく、お風呂に入れることもできます。リラックスできる「アロマバス」という方法と、「アロマ入浴剤」をご紹介します。
 

アロマバスとは?

アロマオイル(精油)を使った入浴剤を紹介します

アロマオイル(精油)を使った入浴剤を紹介します


日本には昔からユズ湯や、菖蒲湯といった薬効を期待する香り風呂があります。ユズ湯は寒い冬、皮に含まれるリモネンという成分が身体を温めて風邪を予防、菖蒲湯は菖蒲に含まれるオイゲノールという精油成分が身体に良いとされます。

同じようにアロマバスも植物の有効成分をお湯に入れることで、いろいろな効果を期待するものです。もちろんお風呂自体、身体を温め、清潔にし、リラックス&リフレッシュの効果をもたらします。そこに香りがプラスされることで、さらに効果がUPします。

もっとも手軽なアロマバスの方法は、バスタブに1~5滴の精油を落とし、よくかき混ぜて入浴するというもの。
   

代表的なアロマバスのオイルと効果

ナチュラルなアロマオイル(精油)は入浴剤としても使いやすいです

ナチュラルなアロマオイル(精油)は入浴剤としても使いやすいです


たくさん種類がある精油の中で、お風呂用として使いやすいものをピックアップしました。
 
  • ラベンダー
  • 鎮静効果に優れるため、リラックスして休むときに最適な香り
 
  • ゼラニウム
  • ホルモン調整や皮脂分泌作用に優れるため女性におすすめの香り
 
  • カモミール・ローマン
  • お肌にも優しく、リラックスできるりんごの香り
 
  • ローズマリー
  • 気力を高め、肌を若返らせるスッキリ系の香り
 
  • クラリセージ
  • 幸福感を高め、からだの緊張をほぐすハーブの香り
 
  • ローズ
  • スキンケア効果に優れるだけでなく、リッチな香りは普段のお風呂をワンランクアップさせます
 
  • ジュニパーベリー
  • 冷えやむくみなど、からだを解毒するのに最適。ひのき風呂のような香りです

このような精油をお風呂に入れるだけでもいいのですが、少し工夫すると応用範囲が広がります

 

お肌が弱い方向きのバスオイル

お肌に弱い方向けのアロマオイル(精油)

お肌に弱い方向けのアロマオイル(精油)


精油だけを入れる方法がもっとも手軽なアロマバスですが、種類によってはお肌に刺激になることがあります。そこで、あらかじめキャリアオイルと混ぜて「バスオイル」を作っておきます。キャリアオイルが加わることで肌への刺激が和らぐだけでなく、保湿効果も高まります。

■バスオイルのレシピ(1回分) 上記材料を混ぜればできあがり。作ったものをそのままバスタブに入れてかき混ぜて入浴します。精油だけよりもお肌がしっとりします。
 

子どもと楽しむ発泡のお風呂

ちょっと手間をかけて泡の出るバスボムを作ってみましょう!子どもたちと一緒に作ればバスタイムが楽しくなるし、子どもだちにアロマにも興味を持ってもらえますよ。

「アロマ・バスボムのレシピ」(1回分)
  • 精油1~5滴
  • 重曹大さじ1杯
  • クエン酸小さじ2杯
  • 天然塩小さじ2杯
  • グリセリン小さじ1/2杯
1. 重曹とクエン酸と塩をよく混ぜ合わせ、さらにグリセリン、精油を入れてよく混ぜます。
2. おにぎりを作る要領で丸めて、ラップで包み圧縮したら出来上がり!

そのままバスタブに入れると泡がシュワシュワ~と出ます!
 

美肌効果を高める/バスソルト・ハーブバス

精油と塩を混ぜた「バスソルト」や、ハーブと混ぜた「ハーブバス」なら、精油だけでなく、塩やハーブのもつ効果がさらにプラスされます。塩の場合は、脱水効果(むくみなどに効果的)があります。ハーブなら香りがプラスされると共に、ハーブのもつ保温効果が嬉しいですね。寒い季節におすすめですよ。

■バスソルト(1回分)
大さじ2~5杯の天然塩(食用でも大丈夫)と、精油1~5滴を混ぜて、それをバスタブに入れて入浴します。

■ハーブバス(1回分)
大さじ2~5杯程度のハーブ(ハーブは種類によってかなりかさが変わります)と、精油1~5滴を混ぜてお風呂に入れます。お掃除が大変なので、見た目にはいまいちですが、ガーゼで巾着のようにするのがいいでしょう。ラベンダー、ローズ、カモミールジャーマンなどのハーブがおすすめです。
 

お風呂でアロマを楽しむときの注意

次のようなことに注意して安全に楽しみましょう。
  • 分量を守る
  • 精油の分量は1回のバスタブに対する分量です。次々と家族が入浴するからといって、その都度、量を増やすことのないように注意しましょう。

  • よくかき混ぜる
  • 精油は種類によって異なりますが、水にはきれいに溶けないものがほとんど。よくかき混ぜないと、原液がお肌に触れて刺激になることがあります。よくかき混ぜましょう。

  • 種類を選ぶ
  • 柑橘系のアロマ(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)はお肌にチクチクと刺激になることがよくあります。含まれる成分によるものです。ちなみに、ガイドはグレープフルーツではチクチクして入浴できません!

  • 残り湯は洗濯には使えない
  • 精油には色が濃くついているものもあります。またキャリアオイルを使ったものは油が混ざっているためお洗濯には使えません。
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。