食べ過ぎた時のヨガポーズ! リセット方法とは

食べ過ぎた時のヨガポーズ

美味しいものはガマンなんてできな~い

食べすぎカロリーをそのままにしておくと、体重ばかりでなくセルライトやストレッチマークに悩まされることにもなりかねません。
   

食べすぎも野菜不足も解消してくれる魔法のヨガポーズ

お腹に直接刺激を与えて、腸の運動を活性化!
マットの上でしっかり行うのはもちろん、寝る前にパジャマのままベッドの上で行ってもOKです。
 
【ねじりのポーズ】
 
※ヨガをはじめて行う方は、「ヨガ・ピラティスをはじめる3つのポイント」と、「ヨガの呼吸法」をご覧ください。
 
 
(1)背筋を伸ばし、肩の力を抜きます。
 
 
(2)左脚を倒し、右足を左脚の外側に立て、脚を交差させる。
 
 
(3)左手で右脚を抱え、右手は後ろに置く。<息を吸って準備>
<吐きながら>上体を右へねじり、目線は後方へ。
この姿勢で5呼吸繰り返す。
 
(4)<吸いながら>ねじりをほどいて上体を正面に戻す。
脚を入れ替え、反対側も同様に左右1回ずつ行います。
 

飲んだ後のポッコリ下腹を凹ませる!

食後の下腹。見ても触っても落ち込みますね。パジャマヨガでなかったことにしちゃいましょう(笑)
 
【橋のポーズ】
 
注)腰痛がある人、腰に痛みを感じる人は行わないでください。
 
 
(1)仰向けになり、両脚は腰幅に保ちヒザを立てます。
息を吸って準備>。
 
 
(2)<吐きながら>腰を持ち上げ、両手で腰をサポートします。
おへそと背中を引き寄せ、腹部をペタンコに保ち、5呼吸する。
 
(3)<吐きながら>ゆっくりと腰を下ろす。

ベッドでできちゃうパジャマヨガでキレイをキープ!☆


・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・ポーズの目的は病気やケガの診断・治療・回復ではありません。
・エクササイズの最中に異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・事故やケガ等についてはオールアバウトは一切責任を負いかねます。ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。


【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でヨガ用品を見る

Amazonでヨガ用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。