本当にヨガで痩せる? 綺麗になる?

「食欲の秋」も関係ない? ヨガで太らないカラダを作ってみませんか?

ヨガで太らないカラダを作ってみませんか?

「ヨガ始めてみようかな?」と思っているあなた、実は一番気になるのは、「本当にヨガは痩せるのか?」ではないでしょうか。

ヨガを始める理由が、「痩せたい」とか「綺麗になりたい」とか、外見重視だとしても悪いことではありません。女性にとって綺麗でいることはとても重要。どんどん外見を磨いていきましょう!

さて、そこでヨガは痩せるのか否か? 答えはシンプル、「痩せます」。もっと言えば、体の内側から輝くような美しさを手に入れることも期待できます。

ヨガは、呼吸を深めながら動くので、有酸素運動効果として体脂肪が消費されやすくなります。続けることで全身の無駄肉がスッキリ。これに加え、各部位に効くポーズを取って、筋肉を刺激させていく無酸素運動効果も期待出来ます。

要は、インナーマッスル、アウターマッスルがバランスよく鍛えられ、メリハリが効いた女性らしい、しなやかなボディラインに近づきます。もう1点、プラスポイントである内側から輝く美しさは、意識的に吐く息を長くするため、毛細血管が広がり、内臓、手足の先まで血液が流れ、皮膚表面に栄養がくまなく行きわたり、美容のあらゆる点においてプラス効果が期待されるのです。

いかがですか? ヨガを習慣にしている人たちが美しいのも、納得できますよね。今回は体の裏側を引き締めるポーズと心を落ち着けるメディテーション(瞑想)をご紹介しますので、ヨガで体と心の贅肉をそぎ落としてみませんか?


ヴャーグラアーサナ(トラのポーズ)で後ろ姿美人になる!

このポーズは、気になるお尻、太もも、ふくらはぎを引き締めるには、絶大な効果があります。このポーズは、四つん這いの姿勢で楽にでき、お腹に負担が掛かりません。効果としては、腰をしなやかにし、脚の筋力もつけます。また、肩コリ、背中のコリ、下半身のだるさ解消、腹部をリラックスさせ、内臓を活性化させます。

■効果
ふくらはぎ・ヒップ太ももの引き締め効果は絶大です。足腰の疲れや解消や集中力もアップします。

■注意する点
  • 膝が痛むほどに伸ばさないこと
  • 背中が丸くならないようにしっかりと伸ばしておく
  • 肩に力が入らないよう、リラックスさせる

■やり方
動作1

動作1

1.手首の真上に肩、腰の真下に膝がくるように床に四つん這いになります。膝が痛い人は、ブランケットやタオルなどひきましょう。





 
動作2

動作2

2.息を吸いながら、右足を天井方向に伸ばし、目線も天井に向けお腹側を伸ばします。この時、腰が反りすぎないように、右足を天井に押し上げるイメージで動作しましょう。



 
動作3

動作3

3.息を吐きながら、右膝を曲げおでこと近づけるようにお腹をぎゅーっと丸め背中側を伸ばしましょう(妊婦さんは無理のない範囲で)。そのまま、ゆっくりと5回ほど繰り返し、反対側も同様に。

 

次のページは、さらに後ろ姿美人になるポーズのご紹介です。