目指せマイナス3cmボディ!ボディメイキング朝ヨガのやり方

ボディシェイプしたいのに全然サイズダウンしない!と焦っている人にオススメのヨガを紹介します。今回は、ウトゥカターサナ(チェアーポーズ)に腕の動きをつけて、全身の筋力を刺激していきます。

動作のポイントは、膝がつま先よりも前に出ないこと。吐く息とともに膝を深く曲げて、ヒップ、太腿、体幹の筋肉を鍛えること。そして、腕を後ろに押し出し二の腕から肩甲骨、肩まわりの筋肉を引き締めることです。両手を後ろに伸ばす時は、「ハーッ」と力強く吐くと心身ともにリフレッシュしますから、ちょっと大げさかなと思うくらい息を吐いてみてください。

また、朝食前に実践すると基礎代謝も上がり、体脂肪を燃やしてくれるので痩せやすい環境作りに一役買ってくれます。ぜひ毎朝の新習慣にしてくださいね。

■効果:太もも・お腹・お尻の引き締め、体幹の筋力アップ、冷え・むくみ・肩こり改善、基礎代謝アップ。

■実践期間:1日5分×週6回を3週間ほど継続すると、ボディラインに変化が生じてきます。

■やり方:
1.背筋を伸ばして立ち、両手を真上に伸ばす
ウトゥカターサナ1undefinedお腹を腰に引き寄せ、背筋を伸ばし、両手をまっすぐのばします。

ウトゥカターサナ1 お腹を腰に引き寄せ、背筋を伸ばし、両手をまっすぐのばします。


足を肩幅に広げ、つま先は正面に向けます。顎を軽く引き吐く息とともにお腹を腰に引き寄せてドローイングし、姿勢を整えましょう。両手を天井方向に伸ばします。この時腰が反ったり、丸まったりしないように注意。


2.膝を深く曲げて、腰を下ろす
ウトゥカターサナ2undefined膝を深く曲げて、腰を下ろします。

ウトゥカターサナ2 膝を深く曲げて、腰を下ろします。


手を上に上げたまま、膝を深く曲げて、腰を下ろします。上半身が下を向かないよう、胸を張って正面に向けましょう。また、つま先よりも膝が前に出ないように注意しましょう。


3.両手を下ろして、後ろに大きく払う
ウトゥカターサナ3undefined両手を後ろに大きくのばします。

ウトゥカターサナ3 両手を後ろに大きくのばします。


両手はなるべく遠く後ろに、押し出すように伸ばし、二の腕に刺激を感じてください。

4.息を吸いながら、膝を伸ばし両手を天井方向に伸ばし、元の位置に戻ります。
ウトゥカターサナ4undefined元の位置に戻ります。

ウトゥカターサナ4 元の位置に戻ります。


吐く息とともに膝を曲げ、両手を後ろに払う動作を8回1セットでおこないます。慣れてきたらセット数を増やしてみてください。

いかがですか? 呼吸に動きを合わせ、丁寧かつリズミカルに動作を繰り返してみてくださいね。すると、朝ボーッとしていたカラダがどんどん目覚め、血流の流れも良くなり、美肌効果も期待できます。朝からチークいらずの健やかな肌も手に入れましょう!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でヨガ用品を見る

Amazonでヨガ用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。