寝起きが悪く、からだも心もなんだか重い朝。前日の疲れが取れず睡眠の質も悪いとすっきりと目覚めません。

そんな朝には心をリフレッシュさせる香りをお部屋に香らせましょう。香りは鼻から入って脳へダイレクトに伝わります。朝は1日の始まり。香りと共に過ごして、さわやかにスタートさせましょう!


朝におすすめの香り

morning.jpg
ナチュラルな香りを胸いっぱいに吸い込んで清々しい朝の時間を過ごしましょう。
忙しい朝。手軽にできる活用法で香りを部屋に広げます。

◆用意するもの
陶器またガラス製の容器
※食べ物や飲み物を入れているものではなく容器は専用のものを用意しましょう。

◆おすすめエッセンシャルオイル(合計3滴)
レモン(Citrus limon)・・・2滴
レモングラス(Cymbopogon citratusまたはC.flexuosus)・・・1滴



レモンは集中力をアップさせると言われます。そのすっきりと爽やかな香りは清涼感をもたらします。
レモングラスはイネ科のハーブ。神経に働きかけエネルギーを回復させるといわれます。レモンよりは香りがきついため短時間で強く香りを拡散させるのに向いています。


香りのパワーで朝をすっきり過ごす

morning2.jpg
容器は倒さないように注意!特に小さなお子さんがいる場合は手の届かないところに設置して下さい。
容器にポットのお湯(90度以上)を入れます。そこへ用意したエッセンシャルオイルを落とします。湯気と共に香りが蒸発して部屋に広がります。

アロマポットだとお出かけ前では火の消し忘れが心配。でもこの方法ならそのまま出かけてしまって大丈夫です。お湯が冷めるまで部屋に香りが広がるので、殺菌したりして空気をキレイにしてくれます。忙しい朝の時間には手軽でしかも安全なこの方法がオススメです。



帰宅したら・・・


帰宅したら容器の中の水を捨てますが、そのときトイレに流してもOK!芳香成分はほとんど蒸発してしまってはいるものの、少しは残っています。トイレに流す事で消臭、消毒が期待できます。その後、容器は中性洗剤で洗います。ときどきは消毒用のエタノールで拭くと殺菌もできます。



【アロマ基礎的知識】
まずは揃えたいオイル
エッセンシャルオイルの選び方
エッセンシャルオイル保管方法
アロマポットのお手入れ法
芳香浴~アロマポットの使い方~


【関連リンク】
オンラインショップ
エッセンシャルオイルの種類
基材集

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。