エッセンシャルオイルで人気のあるものは?・・・それが柑橘系の香りです。オレンジ、レモン、グレープフルーツ。爽やかで、馴染みのあるその香りに惹かれる人は多いはず。老若男女みんな大好き、柑橘系の香りをご紹介します。


柑橘系のエッセンシャルオイルには色々あるのですが、今回はまず基本的なオレンジ、レモン、グレープフルーツの活用法の一部を取り上げてみましょう。
柑橘系の香りは嫌いな人が少ないので、家族が集まるリビングや来客前の演出にその香りを活用できます。柑橘系ならどんな香りか想像もつくと思うので、気になるものがあれば是非チャレンジ!そして使用前には、必ず最後の注意書きに目を通してください。


■オレンジ・スィート(Citrus sinensis)

オレンジは甘さがあるのですが、決して甘過ぎず、やさしい香りが持ち味でしょう。テスターを試して思わず「おいしそう!」、と言ってしまうお客様もよくお見受けします。オレンジでボディトリートメントをすると、全身オレンジの香りに包まれて、とても幸せな気持ちがします。

<ハート(心)に>
孤独を癒し、心を温かく包んでくれます。元気が出ないときに、ハンカチに1滴落として持ち歩くと心強いです。

<ボディ(体)に>
冷えが気になる場合、お風呂に入れると良いでしょう。甘い香りに包まれた入浴は何物にも変えがたい安らぎを与えてくれます。昼間の緊張を解きほぐしてくれますよ。

<お掃除に>
オレンジでフレッシュナーを作っておくと、お掃除に役に立ちます。オレンジにはリモネンという物質が含まれます。オレンジの皮を2つに折ってロウソクの火にリモネンを飛ばすと、火がボッと燃えるのです。実はこれ、エッセンシャルオイルが燃えているんですね。(※危険ですので、実験するときには火にご注意ください。)オレンジに限らずミカンの皮を手で剥いたときに、手がぬるぬるしたことはないですか?あれ、エッセンシャルオイルなんです。このリモネンですが、油の汚れを落とすのに役に立ちます。窓拭きや冷蔵庫などについた簡単な油汚れや手の垢を落とすときに試してみては?

♪続いてレモン、グレープフルーツをご紹介しますよ♪