ローズマリーの効能

ローズマリーの効能

地中海沿岸地方の代表的なハーブ、ローズマリー
アロマテラピーでローズマリーのエッセンシャルオイルは非常にメジャーなだけでなく、とても人気があるオイルのひとつ。中でも若返りの妙薬と古くから有名な化粧水の主成分ローズマリーなんです!
   

ローズマリーの効能は?からだを元気づけるハーブ

ローズマリーの効能

ローズマリーの効能

いわれはこうです。
中世のヨーロッパ。エリザベートは14世紀のハンガリー王妃。70歳を過ぎるころから、老齢のために健康を害してしまいました。そんな彼女のためにイタリアの修道院で作られた、いわゆるチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。エリザベート王妃は、そのローズマリーが入った液体を塗ったとも、飲んだともいわれていますが、とにかく、その魔法のような水で、みるみる元気になったというのです。王妃は今でいう、痛風か慢性関節リウマチだったのでは、といわれています。ローズマリーは痛みを抑える効果が期待できるハーブ。確かにピッタリの配合だったわけです。
 

若返りの妙薬の主成分はローズマリー

エリザベートは肉体的な健康を取り戻しただけではありませんでした。なんと(?!)70歳を過ぎていた彼女に隣国ポーランドの王子(20代半ばといわれています!)がプロポーズしたのです。70歳を過ぎた女性と20代の男性・・・!このエピソードから、このローズマリーのチンキは”ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と呼ばれ、”若返りの水”の別名を持っています。
ハンガリー王妃の水

ハンガリー王妃の水

ハンガリー王妃の水はハーブの歴史の中でとても有名で、アロマテラピーでもこれをエッセンシャルオイルで作り、化粧水や香水として楽しんだり、トリートメントオイルとして体に塗ります。若返りの妙薬、ハンガリー王妃の水、あなたも作ってみませんか?作り方は簡単。
 

ハンガリー王妃の水の作り方

 
◆ハンガリー王妃の水の作り方◆

【材料】
エッセンシャルオイル
 ・ローズマリー・・・3滴
 ・レモン・・・1滴
 ・オレンジスィート・・・1滴
ネロリウォーター・・・5ml
ローズウォーター・・・2ml
アルコール(無水エタノール)・・・2ml
水(ミネラルウォーターまたは精製水)・・・90ml
100mlサイズのガラス製遮光ボトル

【作り方】
(1)まずアルコールを計量します。

 


(2)そこへエッセンシャルオイルを1滴ずつ入れていきます。
 


(3)ガラス棒などで混ぜて、そこへ計量しておいたローズウォーターとネロリウォーター、さらに水を加えて、さらによく混ぜます。これで完成!

お気に入りのガラス容器に入れて化粧水としてお使いください。



アルコールの匂いが気になる場合は1週間ほど置いておくといいでしょう。ですが、もちろん作ったその日から使うことができます。
ハンガリー水は化粧水として顔に塗るのはもちろん、全身に塗ってOKです。

*注意*
・レモンやオレンジスィート(メーカーによる)は肌に塗布してすぐに日光に当ると、しみ、色素沈着、発疹などの原因になる可能性がある成分が含まれています。塗布後、目安として約5~10時間(この時間は人によって違います。)は日光に当らないようにご注意ください。通常、夜につけて、朝、顔を洗っておでかけする分には問題ないでしょう。
このような可能性が心配な場合には、以下の配合で作ってください。
レモンとオレンジスィート各1滴⇒ネロリ2滴に変える
・お肌に合わない場合は使用を中止してください。
・参考文献に載っているレシピをガイドが少しアレンジしました。


 
※参考文献『アロマテラピー事典』パトリシア・デービス著(フレグランスジャーナル社)

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。