地中海沿岸地方の代表的なハーブ、ローズマリー
アロマテラピーでローズマリーのエッセンシャルオイルは非常にメジャーなだけでなく、とても人気があるオイルのひとつ。中でも若返りの妙薬と古くから有名な化粧水の主成分ローズマリーなんです!


ローズマリーはからだを元気づけるハーブ

いわれはこうです。
中世のヨーロッパ。エリザベートは14世紀のハンガリー王妃。70歳を過ぎるころから、老齢のために健康を害してしまいました。そんな彼女のためにイタリアの修道院で作られた、いわゆるチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。エリザベート王妃は、そのローズマリーが入った液体を塗ったとも、飲んだともいわれていますが、とにかく、その魔法のような水で、みるみる元気になったというのです。王妃は今でいう、痛風か慢性関節リウマチだったのでは、といわれています。ローズマリーは痛みを抑える効果が期待できるハーブ。確かにピッタリの配合だったわけです。


若返りの妙薬の主成分はローズマリー

エリザベートは肉体的な健康を取り戻しただけではありませんでした。なんと(?!)70歳を過ぎていた彼女に隣国ポーランドの王子(20代半ばといわれています!)がプロポーズしたのです。70歳を過ぎた女性と20代の男性・・・!このエピソードから、このローズマリーのチンキは”ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と呼ばれ、”若返りの水”の別名を持っています。



ハンガリー王妃の水はハーブの歴史の中でとても有名で、アロマテラピーでもこれをエッセンシャルオイルで作り、化粧水や香水として楽しんだり、トリートメントオイルとして体に塗ります。若返りの妙薬、ハンガリー王妃の水、あなたも作ってみませんか?作り方は簡単。配合は次のページでご紹介しますヨ。

レシピは次ページです♪