アロマショップで遮光ビンに入って並んでいる芳香蒸留水。エッセンシャルオイルをアロマポットで香らせるという活用法しか試したことがない方は、スキンケアとして手軽な芳香蒸留水からスタートしてみませんか?芳香蒸留水の魅力をお届けします。


”index”
・芳香蒸留水とは
・化粧水をはじめスキンケアに
・オススメ芳香蒸留水3種(P2)





芳香蒸留水とは
エッセンシャルオイル(精油)はハーブや木などを蒸留して採ります。その際に一緒にとれる水分が多い成分があります。それが芳香蒸留水です。フローラルウォーターや原料植物名のあとに水やウォーターをつけて呼ぶこともあります。例えばラベンダーならラベンダー水、ラベンダーウォーターといった具合。またハーブウォーターと呼ばれることもあります。




化粧水をはじめスキンケアに!
エッセンシャルオイルを蒸留するときに採れるため、香りはもちろん素晴らしい無色透明なもので、用途としては化粧水として顔や体に塗ります。アロマテラピーでは自分でも化粧水を作ることができますが、ブレンドや材料を揃えるのが手間な人もいるでしょう。そんな方でも芳香蒸留水ならそのままつければOKなので手軽です。

オイルのようなべたつき感はまったくなく、スプレー容器に入れてシュシュと吹きかけても使えます。顔につければほんのりと香りが残り、気分もとっても落着きます。またお風呂に入れれば香りは薄いながらも芳香風呂ができますし、国によっては内服する場合もあります。

エッセンシャルオイルを蒸留するときに副産物として採取できるものなら、かなりの数の芳香蒸留水がありそうなものですが、一般に商品として販売されているものは5~6種といったところ。スキンケア効果が高く、入手しやすく基本的なオススメ3種をご紹介しましょう。



オススメ芳香蒸留水のご紹介♪(Page2)