もつ煮込みの作り方・レシピ

所要時間:45分

カテゴリー:煮込みもつ煮

 

上州は永井食堂の「もつっ子」を自宅で作ってみよう!

群馬にもつ煮がすごく旨い食堂がある!と長距離トラックの運転手さんが言うものだから、それじゃ、ということで 買ってきてもらいました。その名も『日本一旨い、もつっ子』。どうやら上州名物は、 かかあ天下と空っ風だけではなかったようです。

ということで、商品の袋の裏面の原材料を確認し、食べて味わって、再現してみました。もつっ子の主な材料は、豚の白モツとコンニャクだけなのですが、家庭用なので大根と人参をたっぷり加えました。豆腐や白菜を加えてもつ鍋にしても美味しいですし、炊飯器で作ることも出来ます。

■関連記事

もつ煮込みの材料(4人分

主材料
もつ 豚の茹で白もつ 300g
こんにゃく 200g
大根 300g
にんじん 150g
ねぎ 1本
ニンニク 2~4片
生姜 1かけ
調味料
だし 1000cc
100cc
みりん 大さじ2
醤油 大さじ1
味噌 大さじ3
七味唐辛子 小さじ1/3
ごま 大さじ2
だしは昆布の水だしでもよく、水1000cc+かつおだしの素小さじ1でもいいです。黒ごまを使いましたが白ごまでもいいです。

もつ煮込みの作り方・手順

もつ煮込みを作る

1:野菜を切る

野菜を切る
大根とにんじんはイチョウ切りにする。こんにゃくは野菜の大きさにあわせて切ってサッとゆがく。長ねぎは薄い小口切りにする。生姜は薄切りに、にんにくは2mmほどの厚さに切る。

2:もつに小麦粉を振ってぬるま湯でもみ洗いする

もつに小麦粉を振ってぬるま湯でもみ洗いする
もつに小麦粉大さじ1~2杯ふりかけ、ぬるま湯でもみ洗いして水気を切る。

※小麦粉とぬるま湯は分量外。 小麦粉でもみあらいすると臭みがやわらぐ。手が脂でベトベトになるので、使い捨てキッチン手袋をつけるのがおすすめ。

3:鍋にもつ、だし、生姜、酒を入れて煮る

鍋にもつ、だし、生姜、酒を入れて煮る
鍋にもつ、だし、生姜、酒を入れて火にかけ、煮立ったら 弱火にしてアクを取り除きながら20分ほど煮る。

4:野菜類を加えて煮る

野菜類を加えて煮る
大根、にんじん、こんにゃく、にんにくを入れ煮る。

5:野菜が煮えたら調味

野菜が煮えたら調味
野菜に火が通ったら、みりん、醤油、味噌を加えて味を調え、切りごま(又は半ずりにしたごま)を半量と七味唐辛子を加え、5分ほど煮て火を止める。

食べる直前に火を入れて熱々にし、残りの切りごまを加える。 食べるまでそのまま置いておき、味を馴染ませる。

6:盛り付ける

盛り付ける
器に盛り付け、ねぎをのせ、お好みで七味を振りかける。

切りごまの作り方

7:煎りごまを包丁で刻む

煎りごまを包丁で刻む
まな板の上にペーパータオルを敷き、煎りごまをのせて、包丁で刻む。

※半ずりとは、煎りごまをすり鉢に入れ、粗くすりつぶすこと。

ガイドのワンポイントアドバイス

手順3の段階でもっと時間をかけて煮ればもっと柔らかくなります。 もつの長所でもある「噛み応え」を残したいなら、煮る時間を短くしましょう。辛さが苦手な家族がいる場合は、 途中で七味を加えずに、盛り付けてから振りかけるだけにすると良いです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。