ズッキーニを生でサラダに!和と洋のサラダ2種

所要時間:20分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

ズッキーニを生で食べたことはありますか?

ズッキーニは果肉がみっしりと詰まっており、水分がたっぷり。皮が意外と薄いので、生で丸ごと食べることができるんです。

皮の付近はパキッとした力強さ、果肉はクリーミーで滑らかな食感。ウリ科に似た青くささがあるので、サラダにするときは薄く切り、塩を振ったり塩水に浸けて青くささを取り除いてから食べるのがおすすめ。塩で下ごしらえとしておくと、食べやすくなります。
  • 塩を振る→ パキッとした歯ごたえが残るので、薄い半月切りや輪切りにしたときなど。
  • 塩水に浸ける→ リボン状にしたり、千切りにしたりした場合、空気に触れる部分が多く変色が心配されるときに。
ここでは半月切りにした洋風のサラダと、リボン状にした和風のサラダを紹介したいと思います。
 

ズッキーニのサラダ2種の材料(2人分

洋のズッキーニサラダ
ズッキーニ 1/2本
ミニトマト 4個
パプリカ 1/4個
アボカド 1/2個
モッツァレラチーズ 50g
生ハム 4-8枚
バジル 適宜
オリーブオイル 大さじ1
レモン汁 大さじ1
小さじ1
ブラックペッパー 適宜
和のズッキーニサラダ
ズッキーニ 1/2本
サラダチキン 50g
わかめ 30g
青じそ 3枚
梅干 大1個
醤油 大さじ1
大さじ1
きび砂糖 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
ズッキーニはスーパーで手に入る標準サイズをそれぞれ半分ずつ使います。

ズッキーニのサラダ2種の作り方・手順

洋のズッキーニサラダ

1:ズッキーニを半月切りにする

ズッキーニを半月切りにする
ズッキーニを縦半分に切り、端から2mm幅の薄切りにする。

2:ズッキーニに塩を振る

ズッキーニに塩を振る
切ったズッキーニをボウルに入れ、塩を小さじ1/2ほど振って軽くもみ込み、5分ほどしたら軽く水気を絞る。

3:素材と合わせる

素材と合わせる
ボウルに半分に切ったミニトマト、一口大に切ったモッツァレラチーズ、細切りにしたパプリカ、一口大に切ったアボカド、ちぎったバジル、【2】のズッキーニをボウルに入れたら塩・ブラックペッパー・レモン汁・オリーブオイルを加えて和える。

4:できあがり

できあがり
器に生ハムを乗せ、その上に【3】を盛り付けてできあがり。

和のズッキーニサラダ

5:ズッキーニをリボン状にする

ズッキーニをリボン状にする
ズッキーニをスライサーなどでリボン状でスライスする。

6:水に浸ける

水に浸ける
水を張ったボウルにズッキーニを入れて、色止めする。

7:混ぜ合わせる

混ぜ合わせる
ボウルに切ったわかめ、ちぎった梅干の果肉、割いたサラダチキン、【2】のズッキーニを和える。醤油・酢・ごま油・きび砂糖を混ぜ合わせてドレッシングを作る。

8:できあがり

できあがり
お皿にサラダを盛り付け、上に千切りにした青しそを乗せてできあがり。食べる直前にドレッシングをかけていただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ガイドはズッキーニに刃を入れるのがお気に入りの瞬間なのですが、果肉が吸着するかのような感触があります。鮮度のいいズッキーニはいつものスピードで刃を入れることができないのですが、柔らかい粘土を切っているのによく似た感覚があります。断面を見てみると分かるのですが、果肉が緻密で、粘性のある水分が多く含まれています。カットするときは、この水分がぬるぬるするので、滑らないよう気をつけてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。