七夕飾りの由来や意味・種類を知り、七夕をもっと楽しく!

七夕飾り種類や意味・由来…短冊でNGな願い事とは?

七夕飾りの短冊でNGな願い事があるって本当?七夕飾りの種類や意味・由来を知ろう


七夕には七夕飾り(笹飾り)が欠かせませんが、そもそもなぜ笹竹に飾りものをつるすのでしょう? なぜ短冊に願い事を書くの? 短冊に何を書けばいいのか? 短冊以外の飾りものにも意味はあるの?……改めて考えると分からないことが多いはず。七夕飾りの疑問を解いて、七夕をもっと楽しみましょう!
   

七夕飾りの由来・意味…どうして笹竹に飾りものをつるすの?

七夕飾りを高く掲げるほど願いが叶うといわれています

七夕飾りを高く掲げるほど願いが叶うといわれています

七夕は、遊んでばかりで働かなくなった織姫と彦星を戒め、働くことを条件に年に一度だけ再会することが許された「七夕伝説」をもとに、技芸の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」が生まれ、日本古来の「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説や、「お盆前の清めの風習」などが結びついて現在のようなかたちになりました(詳しくは「七夕の由来と七夕伝説~なぜ「たなばた」というの?」をご覧ください)。

いずれも祈りや願いがテーマとなっており、それを具現化したものが七夕飾り(笹飾り)です。笹竹は天の神様が依りつくところ(依り代)とされているので、願いを込めた飾りものを笹竹につるし、天に向かって掲げるわけです。

 

七夕飾りで短冊に願い事を書くのはなぜ?

本来は、短冊の色にも意味があります

本来は、短冊の色にも意味があります

短冊に願い事を書くのは、「乞巧奠(きっこうでん)」に由来します。「乞巧奠」では、貴族が手芸、詩歌、管弦楽、文字などの上達を願い、梶の葉に文字を綴っていました。

現在のような七夕飾り(笹飾り)になったのは、江戸時代だといわれています。とりわけ江戸時代は寺子屋が増えたため、習字や習い事の上達を願う行事として親しまれ、短冊に願い事を書くことが広がっていきました。

なお、童謡でもおなじみの「五色の短冊」の「五色」とは、中国伝来の陰陽五行説に基づく「青・赤・黄・白・黒」の五色のことです(詳しくは「なぜ日本文化に五色が多いの?五色って何色?」をご覧ください)。

 

七夕の短冊には何を書けばいいの?

里芋の葉にたまった夜露で墨をする風習があります

里芋の葉にたまった夜露で墨をする風習があります

七夕の由来を踏まえると、何が欲しい、どこへ行きたいといった欲望ではなく、習い事や勉強など物事の上達を願うのが筋です。

その他には、「無病息災」や「家内安全」、「織姫」や「天の川」といった七夕にちなんだこと、和歌などが相応しいとされています。

なお、本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、その墨で文字を綴ります。サトイモの葉は神から授かった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられているため、その水で墨をすると文字も上達し、願いが叶うといわれているからです。

 

七夕飾りの種類…短冊以外の飾りものにも意味はあるの?

左から「巾着」「くずかご」「網飾り」「紙衣」「薬玉」

左から「巾着」「くずかご」「網飾り」「紙衣」「薬玉」

七夕飾り(笹飾り)の飾りものにはそれぞれ意味があります。主な飾りものについて説明します。

■五色の短冊 
願い事を書き、願いが叶うよう祈願します。

■吹流し
昔は五色の糸を垂らしていました。織姫の織り糸を表しているともいわれ、吹流しにしたり、薬玉に下げると魔除けになります。

■千羽鶴
鶴は長寿の象徴なので、長寿祈願になります。

■紙衣(かみこ)
色紙を着物の形に折ったり、切ったりしたもの。棚機つ女の織る「神御衣(かみこ)」に通じ、手芸上達、厄払い、着るものに困らなくなるなどの意味があります。

■巾着
金運上昇を祈願。折り紙で折るほか、本物の財布をさげることもあります。

■綱飾り
豊年豊作大漁を祈願。幸せをすくいあげるという意味もあります。

■くずかご
物を粗末にしないよう、七夕飾りの紙くずを入れます。

 

七夕飾りは折り紙で作れる!

七夕飾りの折り紙…織姫・彦星・星・あみかざり・ちょうちん

七夕飾りの網飾りや巾着、織姫・彦星、星などを折り紙で作り、笹に飾ろう


上で紹介した七夕飾りは、すべて折り紙で作れます。ぜひ楽しんでみてください。七夕飾りの折り紙については「七夕飾りの折り紙!織姫・彦星・星・あみかざり・ちょうちん」や「七夕飾りの星を折り紙で作ろう!星型の切り方・1枚星・2枚星」で紹介されているのでぜひ参考にして下さい。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。