お年玉

お年玉には深い意味があるのです

お年玉にはどんな意味があるの?

なぜお年玉といい、どんな意味があるのでしょう? 現在のお年玉は、子どもに対する正月の小遣いになっていますが、じつは正月行事本来の深~い意味があるのです。

お年玉の由来を知ると、日本文化の奥深さがわかりますよ。

 

お年玉の由来

現在のお年玉はお金が主流ですが、もともとはお餅でした。

でも、単なるお餅ではありません。なぜならそれは、「魂」を象徴するものだったからです。魂なんていうとビックリしますが、生きる力、気力だと思ってください。昔は、年の初めに年神様から新年の魂を分けていただく、つまり、毎年一年分の力を授かると考えられていたのです。

そもそも一連のお正月行事というのは、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事です。年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに、私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。

毎年魂を分けていただくということは、その数を数えれば年齢になります。そこで、誕生時には魂があるから生まれたときは1歳と考え、その後は元旦がくるたびにみんな一斉に年をとる「数え年」だったわけです。

御魂分け

お年玉は「年魂」を分けていただくものでした

では、どうやって年神様から魂を分けていただくのでしょう? 鏡餅は年神様の依り代なので、家にいらした年神様は鏡餅に依りつきます。すると、鏡餅には年神様の「御魂」(みたま)が宿ります。この鏡餅の餅玉が、年神様の御魂であり、その年の魂となる「年魂」です。そして、年魂をあらわす餅玉を、家長が家族に「御年魂」「御年玉」として分け与えました。これがお年玉のルーツ! 玉には魂という意味があります。

この餅玉を食べるための料理が「お雑煮」で、餅を食べることで体に魂を取り込みました。ですから、お雑煮には必ず餅が入っており、お雑煮を食べないと正月を迎えた気がしないという感覚も合っているのです。

また、年の賜物(たまもの)であるため、「としだま」という説もあります。

では、いつごろからお金になったのでしょう? >>>