笹が無くてOK!七夕飾りを折り紙で手作りしよう


もうすぐ七夕ですね。笹の七夕飾りは、幼稚園から持って帰られるでしょうが、ご家庭でも親子で楽しい七夕飾りを作ってみましょう。最近では、笹を手に入れるのは難しくなっていますが、笹がなくても、折り紙でかわいらしく七夕飾りができる提案です。

七夕ならではの折り紙に加え、この機会を利用して、親子で、直接、七夕に関係のない折り紙も折って、飾ってみましょう!

折り紙は集中力を高め、手の発達を促します。難しい箇所は、お父さん、お母さんの手を借りて、難易度の高いものにもチャレンジしてみてください。また、子どもが折れない難しい作品を親が折ってあげると、子どもはとても喜びますよ。

お願い事を書いた短冊は、毎年、記念に残しておきましょう!子どもが大きくなってから、親子で見ると、いい思い出になりますよ。何をお願いしたのか、どんな字だったのか、子どもの成長が楽しめます。


織姫と彦星の折り方






あみかざりの折り方



はさみで切る線は、定規と鉛筆を使って、あらかじめ引いておいた方が、切りやすく、きれいに仕上がります。




いちまいぼしの折り方







金魚の折り方








桃の折り方







はさみで切る線は、定規と鉛筆を使って、あらかじめ引いておいた方が、切りやすく、きれいに仕上がります。

あみかざりの折り方








ちょうちんの折り方







七夕ならではの折り紙に加え、好きな物も折って、楽しく飾りましょう!

かたつむりのの折り方








あおむしの折り方







例えば、このような緑のテープを使って、折り紙で作った飾りをつるす土台を作りましょう。これは、テープを三つ編みにし、リボンなどを使って作っています。それぞれの折り紙は、モールなどで飾りましょう。

>> その他の七夕飾りの作り方へ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。