ペットボトルで作る!ハロウィンミイラ男のお菓子入れとは?

alt

それ自体で伸縮してくっつくタイプの包帯が100円ショップでも買えますので、とても便利です!普通の包帯を使う場合は、両面テープやボンドを付けて留めてくださいね。

身近にある材料で、お子さんと一緒に楽しめるハロウインのキャンディーポットの作り方をご紹介します!ハロウインのイベントで、お菓子を入れてもらうキャンディーポットは必須アイテムですね!パーティーのお持ち帰りのお菓子用にも、テーブルに飾っておいても楽しめます!


 材料と道具

ait

身近な材料で、簡単にできます!

[材料]
ペットボトル(2L)、くっつく包帯(50mm幅×160cm)
[※又は普通の包帯の場合は、両面テープやボンドで]
動眼(直径18mm)、モール(26cm・好みの色)、
黒い画用紙(口用・少し)、顔料系マーカー(赤) 

[道具]
カッター、工作用はさみ(又はキッチンばさみ)、ボンド

 


alt

2度切りがポイント!


1)ペットボトルを切る

2Lのペットボトルの下から11cmくらいのところの角に工作ばさみ(又はキッチンばさみ)で挟む様にして切り込み、一周ぐるりと荒めに切りとる。

次にギザギザを無くして整えながら、高さが10cmくらいになるように平行に一周切る。(2度切りしたほうがキレイに切りやすいです)。


2)包帯を切ってペットボトルに巻き付ける

alt

くっつく包帯なら、両面テープやボンドも不要です!

くっつく包帯を1/2の長さ(80センチ)にはさみで切ってから、幅を半分に切る(長過ぎて切りにくい場合は、長さを1/3か1/4に切ってからでも大丈夫です)。

1で作ったペットボトルの本体に、目を付ける位置を少し空けながら、ぐるぐる巻き付ける。
[※普通の包帯を使う場合は、最初と途中と数カ所に両面テープやボンドを付けて留めてください]


3)目玉パーツ・口を貼付けて、ハートを描く

alt

ペタペタ貼ったり描いたりはお子さんも楽しめます!

目玉パーツ(動眼)と口は黒い画用紙を切ってボンドで貼付ける。赤い顔料系のマーカーでハート(血の模様にすると恐いので、ハートにしました)を描く。

 


4)プラスチック本体に持ち手をつける

alt

モールは好きな色で、ひもやリボンにしてもOKです!


 
包帯が巻いてあったら少しめくって、プラスチックの本体の両サイドにカッターで十字に小さい切り込みを入れて、そこにモールの端を差し込む。輪っかにして両サイド共、端をねじって止める。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。