帯状の紙で作る立体的な星の飾りです。

短冊

星に短冊を付けてみましょう。

7月7日は七夕ですね。日本では笹に願い事を書いた短冊や紙で作った飾りを飾る習慣があります。短冊に願い事を書くのは中国にある乞巧奠(きっこうでん)という、女性が裁縫の上達を願った話からきているそうですよ。七夕飾りは地方によって種類が少し違いますが、星の飾りは七夕飾りの定番です。ちなみに英語で七夕はStar Festival(スターフェスティバル)と表現します。外国では、日本人は夏の夜に星祭りを楽しんでいると思われているのでしょうか? 星祭りとはなんともロマンチックな響きですね。星祭りにちなみ、今年は海外で人気のペーパークラフトpaper stars (ペーパースター)を笹に飾ってみませんか? コロンとした形が可愛い立体的な星の飾りです。

■ 立体的な星の作り方
帯状

色画用紙を帯状に切ります。

1.色画用紙を1.5cm×30cmの帯状に切ります。

 
斜めに折る

端を斜め上に折り上げます。

2.写真のように紙の端を斜め上に折り、青丸と青丸を合わせます。(鉢巻きを巻く要領で巻いてください。)

 
五角形に折る

端を五角形に折ります。

3.同じようにまた紙を斜めに折ります。三回折ると五角形ができます。紙を折らずに、端を一回だけ結んで五角形を作る方法もあります。やりやすい方法で五角形を作ってください。

 
繰り返し

繰り返します。

4.五角形ができたら、五角形の上からドンドン紙を折っていきます。しっかりと綺麗に折ってください。紙が折れなくなるまで折り続けてください。

 
折り込み

紙の端を内側に折り込みます。

5.五角形が折れなくなったら、紙の端はを内側へ入れます。

 
6.
五角形

五角形ができました。

五角形ができました。

 
押し込む

辺を内側へ押し込みます。

7. 五角形を指先で持ち、中心へ向かって辺を押します。結構固いので力が要りますよ。 力を入れ過ぎると変形するので気を付けてください。

 
カラフル

カラフルなお星さま

8.5~7色作るとカラフルで可愛いです。










ペーパースターを使って笹を洋風に飾ってみましょう。

グラスに星

グラスに星を入れて笹を活けます。

海外ではこのペーパースターをガラスの容器に入れて飾るのが人気です。数色の色画用紙で作った星をグラスに入れ、中心に笹を立てれば新しいスタイルの七夕飾りになります。天の川を泳ぐ魚をイメージして折り紙で作った魚を吊るすのも面白いですよ。花を活けた花器に、短冊をつけた星の飾りを挿したり、星を3個程つなげて飾るのもお勧めです。ぜひ笹の新しい飾り方にチャレンジしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。