年賀状には手書きの一言を添えて

年賀状に手書きの添え書きが一言あると喜ばれます

年賀状に手書きの添え書きが一言あると喜ばれます

印刷した年賀状に手書きのことばがあるかないかで、受け取る側の喜びが違ってきます。何か一言でもいいので、手書きの文を添えたいですね。印刷文に伝えたい内容を全て入れず、手書きできそうな内容はあえて印刷文に入れないようにするのがコツです。
 
ニーズ別に文例をご紹介しますので、このままでもアレンジしてもOK! 自分らしい年賀状作りにお役立てください。
 
<INDEX>  

年賀状の添え書きのマナー

何気なく書いた一言が周囲に波紋を呼ぶことがあります。年賀状は封書と違うので、他の人に見られても問題がない内容にとどめましょう。
 
また、返事を要することや、仕事の要件を書いたりするのもマナー違反です。さらに、相手の名前や会社名が文末にきたり、改行で切れてしまわないよう配置に気をつけましょう。
 

年賀状の添え書き/一般的なひと言文例 

年賀状に手書きの一言を添え書きする際は、相手によって言い回しを調整しましょう

年賀状に手書きの一言を添え書きする際は、相手によって言い回しを調整しましょう

誰にでも使える文例です。やわらかくまとめたい、きちんと感を出したいなど、ニーズに合わせて調整しましょう。
 
<年賀状の一言文例>
  • 幸多き年になりますように
  • 今年も良き年でありますように
  • ○○さんにとって本年が素晴らしい年でありますように
  • 笑顔にあふれ幸多き年でありますよう
    心からお祈りしております
  • ○○さんにとって本年が輝かしい年でありますよう
    心より祈念申し上げます
  • 旧年中は何かとお世話になりありがとうございました
    本年もよろしくお願いいたします
  • 旧年中は大変お世話になりました
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
  • 皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます
 

年賀状の添え書き/先生・上司・先輩向けのひと言

指導する立場の方には、具体的に感謝や抱負を述べると良いでしょう。

 <年賀状の先生・上司・先輩向け一言文例>
  • おかげさまで昨年○○することができました
    本年もご指導のほどよろしくお願いいたします
  • ご指導いただいたおかげで昨年○○することができました
    心より感謝申し上げます
    先輩を見習い今年も励んでまいりますので
    本年もどうぞ宜しくお願いいたします
  • 入社から○年目の正月を迎えることができました
    これもひとえに叱咤激励してくださった
    先輩のおかげだと感謝しております
    本年も何卒よろしくお願い申し上げます
  • 旧年中は公私にわたり親身なご指導をいただき
    本当にありがとうございました
    本年も精一杯努力し日々邁進する所存でございますので
    何卒よろしくお願い申し上げます
  • 旧年中は大変お世話になりました
    心より感謝申し上げます
    ご期待にそえますよう一生懸命に励んでまいりますので
    ご指導のほどよろしくお願い申し上げます
  • ○○の折には大変お世話になりありがとうございました
    本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
  • 旧年中は大変お世話になり心より感謝申し上げます
    今年は○○を目標に励んでまいりますので
    本年も倍旧のご指導を賜りますようお願い申し上げます
  • 旧年中は格別のご高配にあずかり厚く御礼申し上げます
    まだまだ未熟な私でございますが
    今年も精一杯努めてまいりますので
    ご指導ご鞭撻くだいますようお願い申し上げます
  • ○○に就き○年目となりますが
    教えて頂いたことを大事にしながら日々歩んでおります
    本年もご教示のほど宜しくお願い申し上げます
 

年賀状の添え書き/同僚向けのひと言

仲間としての思いや、日頃の感謝を伝えましょう。

 <年賀状の先生・上司・先輩向け一言文例>
  • 本年もお互いがんばりましょう
  • お互い飛躍の年にしたいですね
  • ○○さん、公私ともに支えてくえてありがとう!
    今年も頼りにしています
  • 昨年のあなたに伝えたい言葉は「ありがとう」
    今年のメッセージは「よろしくね」
    お互い実り多き年になりますように
  • ○○さんのおかげで昨年楽しく過ごせました
    心から感謝しています
    今年もどうぞよろしくお願いします
  • ○○さんがいてくれて本当に心強いです
    今年もよろしくお願いします
  • 旧年中はいろいろとありがとうございました
    本年もよろしくお願いします
 

年賀状の添え書き/取引先・お客様向けのひと言

ビジネスでも、相手との関係により言い回しを考えて。迷ったときは、礼儀にかなうほうを選ぶと良いでしょう

ビジネスでも、相手との関係により言い回しを考えて。迷ったときは、礼儀にかなうほうを選ぶと良いでしょう

職種や先方との関係により、多少くだけてもよいか、礼儀を優先するか、どんな文言を入れるかを判断しましょう。迷ったときは、礼儀にかなうほうを選ぶと失敗しません。

  <年賀状の取引先・お客様向け一言文例>
  • また○○でご一緒させていただければ幸甚に存じます
  • 昨年は○○でご一緒させていただき大変嬉しく存じます
    本年も何卒よろしくお願い申し上げます
  • ○○では大変お世話になりました
    本年もどうぞ宜しくお願いいたします
  • 昨年はいろいろとありがとうございました
    このご縁を大切にしたく存じますので
    本年もどうぞよろしくお願いいたします
  • 貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます
  • 本年は「○○」をモットーに頑張る所存でございますので
    引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします
  • 旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
    本年も皆様のお役に立てるよう精進してまいりますので
    何卒よろしくお願い申し上げます
  • 旧年中のご厚情に心より感謝申し上げます
    本年も倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます
  • 旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました
    私共一同無事に新年を迎えられましたのは
    ひとえに皆様のご厚情によるものと深く感謝しております
    本年も倍旧のご高配をお願い申し上げます
 
 

年賀状の添え書き/親戚向けのひと言

 親しい方には、具合的な事柄を入れると喜ばれます
 
 <年賀状の親戚向け一言文例>
  • 皆さまお変わりありませんか?
    おかげさまで家族全員元気に暮らしております
  • 帰省の折には大変楽しい時間を過ごさせていただき有難うございました
    本年も親しいお付き合いのほど宜しくお願いいたします
  • ご無沙汰しておりますがお変わりございませんでしょうか
    早いもので今春長男○○が小学校にあがります
    本人もランドセルを眺めては入学を心待ちにしております
  • ○○ちゃんは大きくなられたことでしょう
    会える日を楽しみにしております
  • 相変わらずバタバタしておりますがみんな元気です
  • 受験生は追い込みの時期ですね
    ご健闘をお祈りしています
  • 夫はカメラ、私は果実酒作りにハマっています
  • やっとスマホデビューし、画面とにらめっこする日々です
  • 子犬が産まれ、にぎやかになりました
 

年賀状の添え書き/友達・友人向けのひと言 

親しい友人なら、くだけた言い回しでもOK

親しい友人なら、くだけた言い回しでもOK

親しい友人なら口語調でもOK。なかなか会えない方には近況を入れると良いでしょう。

<年賀状の友達・友人向け一言文例>
  • 笑顔の○○さんに今年もたくさん会えますように
  • ○○さんにとって素敵な一年でありますように
  • 今年こそ再会できますように
  • お互い実り多い一年にしましょうね
  • 我が家に猫の○○が仲間入り! ぜひ会いに来てくださいね
  • お変わりありませんか? 私は元気だけが取り柄です
  • お元気ですか? 私は○○を習いはじめました
  • 今年は○○にチェレンジしたいと思っています
  • 今年の抱負は○○です
  • 今年も素敵なパワーを分けてくださいね
  • 早いもので、この春○○は一年生になります

年賀状の添え書き/健康、コロナに関するひと言

定番の健康に関する一言に、コロナ禍ならではのニュアンスを入れても良いでしょう。
 
  • お仕事大変だと思いますが、健康第一
    くれぐれも気をつけてくださいね
  • オンラインでおしゃべり大歓迎!
    お互い元気で頑張りましょう
  • なかなか思うように会えませんが
    無理をせず体調にはくれぐれも気をつけてください
  • テレワークで運動不足にならないよう
    お互いに気をつけましょう
  • 落ち着いた生活を取り戻せるよう
    お互い気をつけて過ごしましょう
  • なかなかお目にかかることができませんが
    皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます
  • いかがお過ごしでしょうか?
    久しくお会いしていないので
    今年こそお目にかかりたいものです
  • 今年もお忙しい日々かと存じますが
    時節柄、健康には十分ご留意ください
  • 時節柄、お体に気をつけてご活躍ください
  • 寒さも厳しくなりますので、くれぐれもご自愛くださいませ
  
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。