美しさのために、まず私たちがするべきことは、体質改善です。健康なくして美はありえないから。けれど、一言で「体質改善」と言っても、何をしていいのかわからない、という人が多いのではないでしょうか?今回は、「水と体質改善」についてお話していきたいと思います。
 

体質って何?

水の力で体質改善を!

水の力で体質改善を!

私たちの体は、およそ37兆個の細胞でできており、それぞれが違ったスピードで新陳代謝を繰り返しています。細胞が元気でいると「いつまでも若々しいね」と言われるし、細胞が弱ってきたら、「なんだか老けたかな?」となります。

体質、つまり、体の質を上げるためには、細胞の質を上げることが大切です。細胞の質を上げるには、細胞の材料の質を上げること。つまり、「私たちの口から入ってきたもの=飲んでいるお水、食べ物、吸っている空気」の質を上げることが大切になってきます。今回は、飲んでいるお水についてお話していきたいと思います。

 

水は一日どれくらい摂ればいいの?

テレビや雑誌で活躍する綺麗な女優さんやモデルは、1日にたくさん飲んでいると聞いたことはないでしょうか? 

どのくらいの水を一日に摂ればよいのかというと目安として2~3リットルほどがベストです。とはいえ、むやみにガブガブと飲んでしまうと、細胞が薄まって吐き気がしたり体調が悪くなったりしてしまうので、飲むタイミングと分量が大切です。一度に飲む量の目安は150~250ミリリットルほど。起床後、朝昼晩の食事、食間以外では、汗を大量に流す入浴の前後や睡眠前などのタイミングで飲むとよいでしょう。

このように数回に分けることで一日2リットルの水を摂取できますので、飲む回数を意識していくことが大切です。また冷たすぎる水は体を冷やしてしまうので、なるべく常温で飲むことをオススメします。