CAが食べても太らない理由とは?

image

CAが太らない理由とは?

新年を迎え「今年こそは痩せてキレイになる!」と決意した方も多いのではないのでしょうか。健康で美しい身体は女性のいつの時代も大きな財産ですよね。しかし、「毎年挫折してしまう」という方が多いのも現実です。

「食べるのが大好きだから食事制限はしたくない」
「運動するのは面倒くさい」
「今まで色々なダイエットに挑戦したけど全て挫折した」
など、美しい体型になるには多くの障害が付き物ですよね。

そんな不安を抱えている方でも心配無用! 体型キープも仕事のうちというCAが実践する簡単な体型キープ術3つを伝授いたします。CAは時差の関係で深夜に食事を取ったり、定期的にジムには通えないという生活環境の中でも体型をキープすることが求められています。だからといって食事制限や運動をしているわけでもありません。食べることは何よりのストレス解消という人も多いです。

それでも太らないポイントはほんのちょっとした習慣です。今回は食べ過ぎた直後や太り始めの初期段階でのポイントをご紹介します。「見事に正月太りしてしまった」というあなた、「幸先良いスタートダッシュを切りたい」というあなた、早速この3つのコツを実践してみてださい!

ぴったりサイズのスカートで自然にダイエット

image

ぴったりサイズのスカートはダイエットの強い味方!

少し太ってしまった時、体形を隠そうとゆるめの洋服を着てしまいがちですが、それでは「デブ」への道ましぐらです。CAの制服は入社時に採寸すると基本的には変更することができません。そのため少し太ったかなという時点ですぐに気づきます。この制服がCAの体型キープに大いに役立っているのです。

まず、ウエストがぴったりサイズだと食べる量も自然と制限されるので食べ過ぎ防止になります。ダイエットを意識して食事制限をするとストレスになってしまいますが、この方法だと少量でも「お腹いっぱい」という感覚が得られるのでストレスも少なくてすみます。

またぴったりサイズのスカートで身体のラインが出ると緊張感が生まれるため自然とお腹をへこませようと力が入り、腹筋も鍛えられます。わざわざ腹筋運動をしなくても日頃からお腹に力を入れて生活しているだけで腹筋を鍛えることができるのです。

内臓代謝を上げる「ひねり」のポーズで食べ過ぎを「なかったこと」に

image

ひねりのポーズで内臓代謝をアップ!

食べ過ぎた後には誰しも「なかったことにしたい」と思いますよね。それを叶えてくれるのがひねりのポーズ。立って行っても座って行っても構いません。

ひねりのポーズは「食べ過ぎをなかったことにする」効果があります。ひねって内臓を刺激することによって内臓の働きを活性化し、消化や排泄を促進することができるからです。もちろん完全に取り消すことはできませんが、やるとやらないとでは雲泥の差。食べた直後は気分が悪くなってしまったり、消化の妨げになってしまうので、食後30~1時間程度空けてから行うのがオススメです。

ヨガには多数のひねりのポーズがありますので、自分の好きなひねりのポーズを見つけてみてはいかがでしょうか。