ツナと大葉の冷製パスタ、柚子胡椒風味

所要時間:10分

カテゴリー:パスタ冷製パスタ

 

冷製パスタは、茹で時間が短いカッペリーニでスピード調理

食欲が落ちがちな暑い季節には、さっぱりと口当たりの良い冷製パスタが美味しいです。

冷製におすすめのパスタがカッペリーニ。非常に細い麺で、茹で時間も2分前後と短いので、時短料理にもぴったり。茹であがったら、氷水でしっかりと冷やしてから、ソースに和えるのがポイントです。

火を使わないソースなので、暑いときでも調理がラク。ツナと大葉というさっぱりとした組み合わせに、ピリッと風味豊かな柚子胡椒でアクセントをつけた食欲をそそるパスタです。

このレシピを含めたワンプレートの献立は、『ツナと大葉の冷製パスタプレート(朝10分+夕15分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

ツナと大葉の冷製パスタの材料(2人分

ツナと大葉の冷製パスタ柚子胡椒風味の材料
パスタ (カッペリーニ)120g
ツナの缶詰 1缶(80g)
大葉 6枚
ニンニク (おろしニンニク)1/2片
柚子胡椒 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
少々
ブラックペッパー 適宜

ツナと大葉の冷製パスタの作り方・手順

ツナと大葉の冷製パスタ柚子胡椒風味の作り方

1:パスタを茹でる

パスタを茹でる
鍋にお湯を沸かし、塩(分量外)を加え、カッペリーニを表示時間通りに茹でます。茹であがったら、氷水にとり、しっかりと冷やします。

2:和える

和える
ツナ缶、にんにく、柚子胡椒、オリーブオイル、塩をボウルでよく混ぜ、茹であがったカッペリーニを和えます。器に盛って、千切りにした大葉を乗せ、ブラックペッパーを振って、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

ソースを作ったあと、パスタが茹であがるまで時間があるときは、ソースを冷蔵庫で冷やしておきましょう。より美味しく食べられます。具にはトマトやオクラなどもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。