蒸し鶏のピリ辛だれ

所要時間:15分

カテゴリー:手作り調味料塩麹

 

蒸し鶏のピリ辛たれ

電子レンジで調理するので、暑い夏におすすめの一品です。鶏肉を塩麹に漬けておくと、麹に含まれる酵素の働きで、糖分やアミノ酸といった旨み成分が引き出され、さらに分解によって鶏肉が柔らかくなります。ナスはごま油を回りに塗って電子レンジにかければ、鮮やかな色を維持できます。

さっぱりとした味わいの鶏と夏野菜を、ピリ辛だれが引き立ててくれます。冷えたビールでお楽しみくださいね。


蒸し鶏のピリ辛だれの材料(4人分

蒸し鶏のピリ辛ダレ
鶏肉 モモ肉 1枚 280g
塩麹 大さじ1
大さじ1
生姜 うす切り 2枚
ねぎ 先の青い部分 6cm
ピリ辛ダレ
ピーナツバター 大さじ1
豆板醤 小さじ1と1/2
小さじ2
大さじ1
鶏の蒸し汁 大さじ1
すりゴマ 大さじ1
付け合せ野菜
なす 1本
ごま油 小さじ1
きゅうり 1本
レタス 2枚
ミニトマト 6個

蒸し鶏のピリ辛だれの作り方・手順

蒸し鶏のピリ辛だれ

1:鶏肉に塩麹をまぶして冷蔵庫で6時間ほどおく

鶏肉に塩麹をまぶして冷蔵庫で6時間ほどおく
鶏モモ肉は余分な脂を取り除き、塩麹大さじ1を全体にまぶします。ラップに包み冷蔵庫で6時間ほどおきます。

2:香味野菜をのせ、電子レンジで3分ほど中まで火を通す

香味野菜をのせ、電子レンジで3分ほど中まで火を通す
1の鶏肉の上に長ネギ、生姜の薄切りをのせ、ラップをかけます。電子レンジ(600W)で3分ほど中までしっかりと加熱します。この時、鶏の煮汁を大さじ1ほど取り分けます。冷めたら薄切りにします。

3:ナスにごま油を塗りラップで包む

ナスにごま油を塗りラップで包む
ナスはヘタを切り落とします。ラップの上になすをのせ、上からごま油をたらします。くるくると回すとナスに油が回ります。全体に油をまぶしたら、ラップで包みます。

4:電子レンジで約2分加熱し、冷めたら縦に裂く

電子レンジで約2分加熱し、冷めたら縦に裂く
電子レンジ(600W)で2分ほど加熱します。冷めたら縦に裂きます。

5:ピリ辛だれを作る

ピリ辛だれを作る
ボウルにピリ辛だれの材料を入れて、よく混ぜ合わせます。

6:器に盛り付け、たれをかける

器に盛り付け、たれをかける
器にレタス、キュウリ、トマト、ナス、鶏肉を盛りつけ、たれをかけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ピーナッツバターを、ゴマだれや味噌などに代えても美味しいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。