シチューのルーで作る カキとえびのペンネグラタン

所要時間:60分

カテゴリー:メインのおかずグラタン

 

シチューのルーで作る カキとえびのペンネグラタン

オーブンで焼いたあつあつのグラタンは冬の定番メニュー。今回はクリームシチューのルーを使った簡単ホワイトソースをベースに、カキとえびをふんだんに入れたペンネグラタンをご紹介します。どなたにでも手軽に作ることができ、パーティーやおもてなしにぴったりの一品です。
合わせてカキの下ごしらえの方法も参考にしてください。


カキとえびのペンネグラタンの材料(2人分

具材
カキ 加熱調理用むき身 真ガキ 150g 
大根おろし 1/2カップ
えび 今回は無頭殻つきバナメイえび 8尾 110g
小さじ2
こしょう 少々
薄力粉 大さじ1
加塩バター 10g
白ワイン 大さじ2
ペンネ 20g
ブロッコリー 冷凍 70g
ホワイトソースの材料
1カップ
ルー クリームシチューの固形ルー(刻んでおく)
生クリーム 50ml
加塩バター 10g
粉チーズ 小さじ1
仕上げ
パン粉 10g
粉チーズ 小さじ1
カキとえびは面倒でも事前に塩を加えた湯で下茹ですることが大切です。魚介の生臭みが消え、旨みが引き立ちます。えびは殻や背ワタがとられた下処理済みのものも売っていますのでそれを使っても良いでしょう。

カキとえびのペンネグラタンの作り方・手順

具材の準備

1:カキとえびを下茹でする

カキとえびを下茹でする
カキは大根おろしで洗います。鍋に水900mlを入れ沸騰させ塩を加えます。ここにカキと殻つきのえびを入れて一緒に10秒ほど湯通しします。水にとり、ザルにあげておきます。

2:カキの表面を焼く

カキの表面を焼く
カキの表面の水気をペーパータオルなどで拭き取り、こしょうをふり薄力粉をまんべんなくつけます。フライパンに加塩バターを入れて中火にかけ、そこにカキを並べて表面がきつね色に色づくまで焼きます。

3:えびを処理する

えびを処理する
えびの殻としっぽをはずし、背ワタをとります。食べやすい大きさに切っておきます。

4:ペンネとブロッコリーを茹でる

ペンネとブロッコリーを茹でる
鍋に水900mlを入れ沸騰させ塩を加えます。ペンネを入れて規定通りの時間で茹でます。一緒の湯で冷凍ブロッコリーも茹でます。茹であがったらザルにとっておきます。

ホワイトソースを作る

5:焼いたカキにえびとホワイトソースの材料を加える

焼いたカキにえびとホワイトソースの材料を加える
焼いたカキに、えびとホワイトソースの材料を加え、弱火にかけます。ふつふつとしてきたら全体を混ぜさらに30秒ほど加熱します。


オーブンで焼く

6:皿に具材とホワイトソースを入れる

皿に具材とホワイトソースを入れる
オーブンを220℃に温めておきます。皿にペンネとブロッコリーをのせ、上にカキとえびが入ったホワイトソースをかけ、仕上げにパン粉と粉チーズをかけます。

7:オーブンで焼く

オーブンで焼く
温めておいたオーブンにグラタンを入れ、20分ほど焼きます。表面がきつね色に色づいてきたらできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回はカキとえびを具材に使いましたが、冷凍のシーフードミックスを使ってもokです。その場合も、塩を加えた湯で下茹でしておくと良いでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。